忍者ブログ

こんにちは きこ です。

さる7月22日
毎年恒例のお泊り保育に参加してきました。

今年も先生たちの子どもたちと楽しむ企画は半端ない!!
大事な命をお預かりして、
無事に楽しく、
すてきな思い出を作るための準備が
進んでいます。


ボードに書き出した必要物品を見ながら
みるみる準備が進みました。

今年のテーマは
やる気になる!

日頃から、子どもたちが自分からやる!って
あまり言わないそうです。
この機会に一皮むけて成長してもらおうと
すてきな企画が展開されました。

皆 一所懸命。
先生たちを助けてました。


お休みタイムは2年前も今年も同じ感じ。
変わったのは、先生たちのアプローチです。
寝付けない子どもたちの足や肩、背中、などをやさしくなでる、温める姿が自然になりました


私が眠るのを手伝った子どもたちはからだ全体の緊張がかなり強かったです。
後で聞いてみたら、アレルギーのあるお子さんたち。
からだの循環が変わったら、アレルギーも変化するのかな?と思いました
とてもかわいい寝姿です。

詳しくは幼稚園のブログをご覧ください

拍手[0回]

PR


こんにちは きこ です。

しばらくブログ ご無沙汰しておりました。
この間、様々活動しており
少しご紹介していきますね。

7月17日は 播磨町55周年記念行事
「はりま わくわくフェスタ」

美容に着目したからだ作りの視点で一緒に楽しみました。
「動いてリフレッシュ! 骨盤体操」 
赤ちゃんもパパもいらしたので 巻き込みました。
 

今回、すべての子育て支援がこのイベントで全部見える催しにするのが
町長さんからのミッションだそうです。


すごいたくさんの親子が来場されました。
楽しんでいただけて
よかったです。

拍手[0回]



こんにちは きこ です。
 
もう一つのクラスの園内研修もご紹介します。
同じく年少さん。


年少さん(3歳児)だと
横線、〇ぐるぐる、は大体得意。
縦線は結構チャレンジ。

今回の園内研修で子どもたちがチャレンジしたのは
「すいかまずは輪郭をなぞって
「上から下に」「下から上に」線で塗る。


 ・頭の動きを自分で意のままに動かす(いわゆる定頸)
 ・いすに安定して座る
 ・片手で紙を押さえる
 ・薬指と小指がクレパスを支える
 ・目線が縦に動く
 ・縦の量が少しずつ増えて減っていくのがわかる
 ・目線が縦に動きながら横に少しずつずれていく


これだけの身体機能を使って行う作業を
子どもたちは約20分
もくもくと取り組んでいました。
 


楽しいんだなあ。
大きすぎるチャレンジはしんどいけれど
小さいチャレンジは
「やってみよう」を引き出す。


今回は小さいチャレンジ(縦線を描く)の後に
安心してできる動作(横線を描く)をしてました。
最後はおいしそうなすいかがいっぱいできました。

拍手[0回]



こんにちは きこ です。

志を同じくする講師陣、受講生さんと産みだすセミナー
いよいよ7月9日東京にて開催です。

今回は正会員限定です。
興味がおありの方、ご遠慮なく
(NPO)母子フィジカルサポート研究会にお問い合わせください。


お産を見る目が変わります。
できることが増えます。


皆様とお会いできる日を心待ちにしています。
http://ameblo.jp/boshi-physical/entry-12278704485.html…


拍手[0回]



こんにちは きこ です。

今回は、幼稚園で行われた園内研修をご紹介します。

先生たちが設定保育をしている様子を
他の先生たちが見学をして振り返りをする
というのが、園内研修です。

今回は年少さんのクラス つまり3歳児さんたちの様子です。
テーマは〇△□を使って海の生き物を作る

最初にイメージを出し合います。


「どんな海の生き物が好き?」

「先生はたこが好きです」とモデルを示します。


ブロックで作ったマイクを持った人が話していきます。
「●●(名前)です。ぼくの(私の)好きな海の生き物は△△です」

話すと2回拍手して次のお友達。

全員で2分でした。

声がしっかり出る子も
小さな声で話す子も
先生が作る安心安全の場に守られて
やりきりました。

こんな小さな子どもたちも
毎日の遊びの中で体験していると
人前でお話することができてきます。

大人も練習すれば 上手になります。

拍手[0回]



こんにちは きこ です。

ご紹介いただいたお話です。

ウチムスマザコン

読んでみてください

誰をだきしめますか?

拍手[1回]



こんにちは きこです.

「この前お産が変わったの!!」
先日、「安産のためのボディケアクラス」を担当しに
産院に出向いたとき
主任Aさんに伺いました。

。:*:★。:*:★━━━━━━ ━━━━━━★:*:。★:*:。

経産婦さんで陣痛はいい感じにきてるのにそんなに痛がらない。
赤ちゃんがなかなか下がってこない。
分娩開始から8時間はたってました。

「これは骨盤が動いてないんじゃない」
と思って整体を進めたんです。
具体的には操体法を2つしてもらい
指回しを提供したら「気持ちいい~~」って。
そしたら・・・・

すぐに「痛い~!」と声が出始め
1時間でお産になったんです。
。:*:★。:*:★━━━━━━ ━━━━━━★:*:。★:*:。


うんうん それでそれで なるほど~~
何が起こったのか二人で検証してみました。

骨産道に左右差があって
なかなか胎児が入ってこれなかった状態のところ
母体が動くことで、変化が起こった。

きっかけは、自分でからだを整える動作。

カルテにははっきりと「整体を提供した」とありました。

この産院に関わって14年。
2015年秋、非協調性陣痛の産婦さんに関わって
無事経膣分娩にいたるお手伝いをしたときに
主任さんの助産師魂に火が付きました。

昨年、妊娠胎児編セミナーを受講してくださってから
妊産婦さんへの関りがとても具体的になられました。

今は、こうして二人で母子フィジカルアセスメントを話し合える状況になっています。

私は、妊婦さんに妊娠中にできることを伝える
Aさんは、ご入院された方と出産の経過をプロとして見守る。

タッグを組んだ仕事ができること本当に幸せだなあと思います

拍手[1回]



こんにちは きこ です。
6月10日の記事のつづきです。

だっこで自分のからだが安定して
力をぬいたり、入れたりすることを覚えた赤ちゃんたち。

こんどは自分で動こう!と練習します。

最初は手足をばたばた
つられて からだもばたばた
していたのが

こうできるのかな?とからだで覚えてきます。

すると手がお口に!!
自分の手の感覚を初めて感じた瞬間です。

そのうち反対側の手も口に!

楽しいですね。
自分で自分のからだが感じられる
自分で自分のからだを動かせる

お口で、舌で、あごで感じる体験が
より上手におっぱいを飲む
そこから 離乳食を食べる
ことにつながっていきます。

続きは次回

拍手[0回]



こんにちは きこ です。

人にはするべき仕事があるのです。

この世に残していく仕事があるのだなあと思います。




本当におつかれさまでした。
安らかに

拍手[1回]



こんにちは きこ です。
先週から今日まで1週間 いろんな方に私、および私たちの想いを伝える日々でした。

本日最終日は幼稚園での保護者向け講演会
「ボードに書くとしゃべりやすくて自分の気持ちがわかりやすかったです」

19名のママたちとワイワイ楽しく質問の技を使って対話の練習をしました。

最初はペアコミュで小さな対話を積み重ね
だんだんとチャレンジを深めていく。

「時間ですよ~~」と伝えても途絶えない話が
時間内に収まるようになっていく。

子どもの思春期は親の更年期と重なります。
双方ともにホルモンに翻弄され自分の気持ちを持て余し気味。

こんな時に、
ファシリテーションの技術を持っていると
ちょっとは過ごしやすくなります。

それには、子どもたちが小さいうちに対話を積み重ねておくことがとても大事。

そして、この力は
自分を大事にする
自分を守る力となっていきます。

楽しい90分をありがとうございました。

拍手[0回]



こんにちは きこ です。

今日は理学療法士さんたちの集まり
Withsさまに呼んでいただき、
「助産師の行う身体活動」のお話をいたしました。
熱心な方々ばかりで、フロアでの話し合いが大変盛り上がりました。

あらためて理学療法士さんってどんな感じ?を教えていただけて、うれしかったです

身体機能の専門家である理学療法士さん。
からだの動きを教えてくださいね~~

私、鋭意勉強中です。
助産師とぜひぜひコラボで活動しましょう

拍手[0回]



こんにちは きこです。
今年いろんな研修でインプットしております。
少しずつアウトプットしていきますね。

さて今回は 離乳食から始まる食べること

直接の始まりは哺乳です
おっぱいを舌を丸めたり
前から後ろにおくったりして
いわゆる蠕動運動ができることで
ご飯食べる準備が進みます

そのためには 姿勢が安定するのがポイント
それにはからだの力をぬいても安心していられる
抱っこを常にしてもらえることが必要です。
つまり 生まれた時からの生活が
いざ離乳食となったときにつながってくるのです。

こんなことをお伝えしているのが
べびぃケアクラス

毎月桑ノ木幼稚園と
アスピア明石の和室で行っています。
興味のある方 ご参加くださいね

つっきは次回


拍手[1回]



こんにちは きこ です。
mamaルーム杉上には、様々な仕事をされる方がこられます。
そんな中で、調理をされる方といろいろ試した内容が
いろんな人に役立つなあと思いましたのでご紹介です

① 手と足は交差で使う
利き手に包丁を持った時、足のどちらに重心が乗りますか
利き手と反対の足に重心が乗るとからだを痛めにくいです
同じほうになっている方は、腰がつらくなったり、腕に妙に力が入ったりします
当院にぎっくり腰で来られる方は、ほとんどこのパターンです

材料を切るとき、食器などを洗う時、掃除機かけるとき、
洗濯物を干す時、テーブルを拭く時など
いろんな動作で共通です

② 足の幅は広めにする
接地面積といって、足を置く場所でからだを支える面積が変わってきます
一番狭いのが足を閉じた時
広いのが足を開いたとき


さらに、足を前後にずらすと、より安定します


③ 作業はからだ全体で行う

①②を行うと、手を動かす時にからだが動きます
そうすると、腕や手先の力が抜けて
より細かい作業が楽にできます

④ ものを持つときは親指は外にだす
たとえば包丁を持つとき、親指が外になって
丸く握れるくらいのグリップにします。
今お持ちのものが細ければ、ハンカチを巻く、ゴムを巻くなどして
太くすると、親指を外にして握れます

⑤たすきがけをする
私たちはからだを動かす時、ある部分の動きを固定すると動きやすくなる、
という法則があります
腕を使う時、たすきがけをすると、肩甲骨の動きがある程度抑えられるので
末端の腕や骨盤周囲が動きやすくなります。

こちらもご参考に
【たすきがけの効果】

いかがでしょうか?イメージわきますか

床に置いたペンなどを取るときに、どちらの足が前に出るか
もし手と足が同じ方になる方、ぜひぜひ①からお試しください
重労働が楽になること請け合いです

拍手[0回]



こんにちは きこです。

朝晩は涼しいですが、昼間はぴかっと暑くなってまいりいました。
皆さま、お元気ですか?

さて、我が家ではもうすぐ旅立つ人がおり
ご馳走をいただきにいこう、ということになりました。

そこで、廃線フォーク

当の本人が探し出してくれました。
行先は宝塚の奥、生瀬から武田尾を結ぶライン。
11時に出発です。

12時40分に生瀬に到着。
さあ、行くぞ~~とあるけどあるけど着かない

道案内人がちゃんと間違えました。
じゃあ、Googleで。
と歩き出してもつかない

「どこに行かれるの?」
「こっちじゃないわよ」
「恰好からして廃線ウォークかと思って」
と親切な地元の方に教えていただき
15分で入口までたどり着くところを1時間かかっていきました。

道のすぐ横は武庫川上流
大きな岩の間を水が流れ、素敵な景色です。
    
全部で6か所あるトンネルは真っ暗
一筋の光も入らない中をそろそろと進みます。

出口の景色がなんともいえませんでした。

「ととろや」「千と千尋や」といいつつ歩く歩く

4時前に目的の温泉に到着しました。
かけ流し源泉で、温泉のいいにおいがします。

ゆったり、まったりとつかって食事

ここは神田川道場だったのです
しらんかったわ。

眼で舌で鼻で楽しみました。

これでエネルギーチャージ
がんばっていっておいでね。

拍手[1回]



こんにちは きこ です。

大変長らくご無沙汰しておりました。
こんなに時間が過ぎているとは・・・・・・

この1か月、新たな命を生み出すことに夢中になっておりました。
7月9日、(NPO)母子フィジカルサポート研究会の新しいセミナーが生まれます。

ブラッシュアップ新分娩編
http://boshi.jp/events/event/news/post-4749/


私たちの会では姿勢や発達への理解を深めることで
ママと赤ちゃんの笑顔が増えることをめざしています

それには、育児支援者がからだの仕組みを知り
からだの観察を通して
それぞれの親子のニーズを共有して
どんな工夫ができるかを一緒に考えることが大切です。

そんな願いを込めて
妊産婦セミナー、育児セミナーを主催してます。

妊産婦セミナーでは、妊娠・分娩・産褥について
科学的事実をもとに学んでいきます。

ブラッシュアップ 分娩編では、
分娩胎児編で学んだ知識をより実践で使い
こなせるように深く考えていきいます。

1.分娩時の骨盤の動きをさらに詳しく3Dで学びます
2.分娩進行に沿った個別ケアを症例を通して学びます
 

この知識は明日であう産婦さんのからだ(姿勢)
からのアセスメントにすぐに応用可能なものです。 
 


的確なケアの引きだしを増やし、
日頃何気なく行っているケアの意味や
科学的根拠を一緒に考えていきましょう。

ご興味のある方、ぜひぜひお越しください。

ブラッシュアップ新分娩編
http://boshi.jp/events/event/news/post-4749/

※分娩胎児編セミナー受講済の方が受講していただけます。

拍手[1回]



毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 9/29,10/31,11/28,12/19,(2018)1/30,2/20
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)毎月2回
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代9/20,10/11,11/15,12/6,1/24,2/28(3月4月はお休み)
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで