忍者ブログ

こんにちは kikoです。
猫の手第3週
報告遅れました!

<火曜日>
だいぶん落ち着いてきました。
ここは安心安全な場だと認めてくれた感じです。
よかったよかった。


<水曜日>
朝は落ち着いている。
となると、私の役割がない。
うろうろしながら0歳児クラスのお手伝い。
朝のおやつは全員がマットに座ってお歌を歌って、食べました。
お茶も両手でコップをもって上手に飲めるようになった子がでてきています。

いよいよ お散歩カーでおでかけ。
先日と同じコースを進みます。

車の来ない場所に来てから、
おりたい子どもたちを下ろす。

嬉々としてあちこちうろうろする人達。
一人おりたがらない子。みたら、靴がぐすぐす。
マジックテープがきちんと止まっていなかった。直したら歩き出した。

いつもお外に行きたがり、お部屋に帰るのがいやな人。
歩き疲れたら、自分から車に乗りました。
最終的に歩いて帰園した人3人。

うち一人は最後まであちこちをうろうろする。
そろそろ帰らないとな~~というぎりぎりの状況で
飛行機遊びをして一般道に出る。

「ここは危ないから手をつなぐよ」
一言で手をつないで帰る。
離そうとした時も「ここは手をつなぎます」の一言で
手をつないで帰りました。

したいことをするときと
いうことを聴くときをちゃんと認識しているのでした。

1歳児、すげ~~~

給食はテーブルが出て椅子が並び始めた途端
全員が座る。
ほぼこぼさずに完食しました。
そしたら眠くて号泣。
順次眠りに入ります。

いい夢見てね。


<木曜日>

子ども達、かなり園生活に慣れてきました。
朝、なかずにママとバイバイした人ばかり!
泣いてもママがいなくなった途端に泣き止みます。
ママたち、心配無用ですよ。
子どもたち、その環境が安心安全なことがわかれば、
ママがいなくなった途端に笑顔になりますよ。

気持ちがリラックスしてくると、
それぞれの身体的特徴がわかりやすくなります。

ご飯をお口いっぱいにほおばり、さらに突っ込む人は
仙骨と腰椎ががちがち。その要因は後頭部にありました。

肩をすくめている人は、歩行がハイガード。現在お首のばし作戦絶賛発動中! 
寝姿の工夫でかなり伸びてきました。

からだを使い始めですから、ちょっと無理がかかります。
その分筋肉がこわばって関節の可動性が低下しがち。
あそびはもちろん、
お昼寝の時に筋緊張がほどけ、関節が動きやすくなるケアが毎日されています。

その中で、入眠時におっぱいを求める人は、上部胸椎を支える筋力が少ない感じ。
頸部~肩はもちろん、ここを完全に支えてじゃないと着地できません。
「え~~~ 家ではだっこ以外でお昼寝したことありません!」っていう人、ちゃんとお布団で寝ています。

悩める行動には求める関りがあるなあと思います。
そこを読み解くことができたら、保育、むっちゃ楽しい!!

からだが楽になると心も安定します。
楽しく集中して遊ぶことが自然にできてしまいます。



<金曜日>

すこぶる皆さん 安定の過ごし方

朝から子どもホイホイ稼働中です。


何だか元気がない人一人
いつもと違い抱っこをせがみ
腕の中でじっとしてる。

足は冷たいけど脇が熱い。
37.0度
足ほぐして
手で温め
おやつ食べたら 遊び始めたけど
やっぱり抱っこでお熱37.5度

お迎えをお願いしました。

金曜日は疲れがたまります。
土日ゆっくり過ごして
月曜から元気に来てね。

拍手[0回]

PR


こんにちは kikoです。

4月も後半になりました。
お元気でお過ごしでしょうか。

子どもたちも新しい生活にそろそろ慣れてきた頃でしょうか。
私が行かせていただいている認定こども園でも
新入園児さんが来ています。

園生活の中で、おやつ、昼食が食べられたら
「おお!  ずいぶんと安心してここにいられるようになったな~~」とみています。


食事の様子を拝見していると
いろんな特徴があります。
お口いっぱいにほおばって かまずに飲み込む子
吸い食べをする子
まだ すすれない子
などなど

ご家庭での悩みも多いところですよね。

そこで!
ママやパパとお子様の食行動を一緒に考える材料になるリーフレットを作成しました。
 

「食べる」は
基本を守って介助を行い
自分で食べる力を最大限活かすようにしていると
みるみるうちにお口が使えるようになります。
早い子だとその場で、今のところ3日で変わります。

お預かりしている以上、最大限 園でできることはする。
そこにお家でやっていただけることが具体的にわかったら
子どもたちの発育発達はぐんぐんと変わっていくよね。

ということで、かねてより敬愛する
武岡弘子先生(保育士・園長)監修のもと
作り上げました。
当園の保育士さんにも見ていただき、内容の改良をしました。
かなりの自信作です。
この内容に沿って食事介助すると
食べ方ががらっと変わっています。
からだ育ての遊びをすると、さらに変化していきます。

育児教室、離乳食教室での説明に
健診で食べ方に悩むママへの説明に
小児歯科での食べ方教室の資料に
使っていただける内容です。

ご希望の方、メッセージをください。
kikomamaroom★gmail.com
★を@にかえて送信してください。

料金、配送方法などお伝えいたします。

【目次】
口腔機能とからだの動きの関係
  自分で食べる
  口腔機能と粗大運動の関係
  介助時のコツ
  手の使い方の発達
食事に集中しやすいポイント
  お座りの工夫
食具の選び方
  スプーン
  箸
環境調整
おわりに


拍手[0回]



こんにちは kikoです。
猫の手2週間目。
レポート開始です。

<月曜日>
2週目に入りました。
泣いてるかな?と期待して入ったら
誰も泣いてない!!
ここは安全かも、と皆納得したようです

時々、ママを思い出して泣くけど、すぐに遊び始めます。
こういう状況を体験するたびに
保育士さんの技術のすごさを感じます.

昨日の大雨で園庭で遊べない状況でしたが
保育士さんのアイディアで遊べるスペースに車で移動.

この車、優れものです。

立ったまま揺れることで、相当バランス感覚が育まれます。
ついたところには、こんな鉄製の物干しが・・・・・


格好の遊び場です。
またげる子は楽しく遊び
跨げない子はほかのことを見つけてました

お部屋に帰ってお茶を飲みました。
 
座位で頭をそらせてお茶を飲める子。
すばらしい身体感覚を身に着けています
本日のお昼寝寝かせつけ 5人でした。
ここに集中できるのは、準備をすべて保育士さんがしてくれているからこそ。
感謝です。

<火曜日>
昨日みんな泣いてなかったと思いきや
本日は結構泣いてた。
まあ、楽しいこと見つけたら泣き止むのは見えてたので、楽しそうなことを提供してみる。
そうすると、残るは そんな小手先の事ではだめです、のつわものということになります。

本日はそのうちのお一人を抱っこして6時間。
お茶ものまなかった人ですが、ひょんなきっかけでお茶を飲みました。
ご飯は屋外の立食パーティ形式だと「食べる」を、ベテラン保育士がやってくださいました。

お昼寝はおろそうとして失敗した(私の技術でこの反応は相当な緊張があるお子さんです)のでおろさずスリングの中で30分。

おやつの時間。「おやつだね~~。見に行こうか」
現物を目視し、部屋への移動についていき、目の前で器をあけて、見せたら 手が伸びる。

よっし、ということで手づかみで食べる食べる。
その後、外に行く~~と泣くのでお供したら
なぜか大きい子どもたちに興奮。
30分、滑り台を逆走して遊びました!!

さあ、明日はどんな反応を示してくれるか?
ベテラン保育士さんの予想では1か月は泣く、です。

どうなるか、楽しみです。

<水曜日>

「ママ~~!」
日数が経つにつれ、達人の表現が目立ってきました。

いいよいいよ
もっと泣いて

しかしながら世の中には君の意志だけが尊重されるわけではないことも起こるのだ。

さあ、どうしよう??

大先輩のアドバイスです。
「私なら二度は要求をききます。

2才なので、話せば理解できるので 
お外はこれでおしまいね また明日遊ぼうね お約束ね と 泣いていても、話しかけます。

次の日 約束通り 「おそとに行く?」と聞きます。

小さくても人格を尊重しないとねー

頑固な子は自分で考えられるお子さんですよね」

筋を通すことの大切さとともに
人格を尊重すること。
保育は人権尊重の塊だなあと感銘しております。

<木曜日>
泣く子は泣く
大体固定化してきました。
構ってくれる人がいるなら泣いとこう
どうにもこの空間は苦手だ!をとにかく訴えたい
自分のしたいことをさせてくれ!

そんな中、在園児が相当我慢しているのが見て取れます。
今までのなじみの保育士が新入園児に手を取られる
いい加減 我慢の限界です。と訴えています。

ある程度まで来ると、なじみの保育士でない私でもOKになっています。
その時は大判振る舞いですね。何が好き~~?
何が心地いい??
自分にとって快適刺激をくれる人はいろいろいるんだ、の学習の機会です。

お昼寝時、今まですとんと寝てくれていた子が
初めて「いやや~~! 寝ない!!」と表現しました。

日中の行動からのアセスメントは「君は眠たいはず」
素手のだっこでは追い付かないので、スリング利用。
2回スクワットで寝落ちしました。

むっちゃ自分を表現できる子が「もう寝ない」「お外行く」
主幹教諭の許可を得て、着替えてお外遊び。

年かさの子が妙に面倒をみたがり
この子は自分のしたいように行動したく
年かさの子がいないところに避難したら
今度は遊び相手がいない。

そしたら、なんと自分から
靴と靴下脱いでお部屋に入りました。

ちゃんと選べるんですね。

こうして試行錯誤しながら
子どもたちは環境に適応していくんでしょう。

<金曜日>
昨日、ママからご質問
「足の向きが気になる。だっこ どうやったらいいでしょう?」

私たちも気になっているお子様。
はいはい時代です。


要因をお伝えし、できる工夫を練習しました。

今日、だっこしたら ん??
昨日こわばっていたところが柔らかい!!
足の向きが変わってる。
そして、自分の力で膝でぴょんぴょんできました!!

ちょっとした関りで こんなに変化するんですね。
ママの観察力はやっぱりすごいです。

おやつまでの時間。
今日はテーブルを出して 滑り台。
そしてトンネルくぐりです。

出した途端、全員がとりつきました!
子どもホイホイの始まりです。
30分以上遊びこみ、おやつを食べたら
園庭遊び。

今日のランチは全員 椅子にじっとすわってご飯を待ちました。
「いただきます」
もぐもぐ。夢中で食べます。

「いつもと違うね~~」
やっぱり空腹は何よりの御馳走でした。

お昼寝もしっかり。

来週も元気に会おうね。

拍手[1回]



こんにちは kikoです。
春になり、新年度が始まりました。

この時期は毎年7年間 ほぼ毎日認定こども園に登園し
慣れない新人乳幼児さんたちの支援で猫の手をしています。

せっかくなので、
様子をレポートしたいと思います。

今年は0歳児 新人4名 1歳児 新人9名 在園4名 2歳児 新人4名 在園12名です。
(新人が多いほど、最初は大変)

<1日目>
慣れ保育にチャレンジ中の子どもたち。
がんばって しがみついて
いっぱい泣いて 過ごしました。
子どもたちの大きな力を感じます。

<2日目>
9時お預かり、10時にはほぼ泣き止みました。
ずっと泣いてても何も状況はかわらんわ、と思ったようです。
11時にママがきましたが、気づかない子半数以上。
ここで、子どもの様子を静かに見守れるママの力は半端ないです。
本日は、ママと一緒にランチです。
お口の動き、普段の食べ方、しっかりと見せていただきました。
明日は、子ども達が先生で 保育士さんたちと研修します。

<3日目>
2日目と同じく11時半降園です。
この日のchallengeは、ママなしでご飯を食べる!
皆しっかり食べてました。

<4日目>
新人1歳2歳さん、初めてのお昼寝で寝ました!

この4日、みんな親を求めて泣くから抱っこしています。
保育士全員が心地よさを探して抱き続け、体がほぐれた結果です。

これはすごいことです!!

<5日目>
今日は午後3時まで在園です。
ここにいようか、の気分になる(泣き止む)までは大変ですが
なにかをきっかけに泣き止むと
しっくりと遊びこんでいました。
お友達とやりとりする場面も!
14か月、15か月でもしっかり社会性が育っています。

お昼寝は、まだ抱っこでないとリラックスできない様子で
抱いて寝かせつけ。一人5分で寝るとはいえ
3人だっこは体力消耗しました~~。

これを毎日保育士さんは笑顔で軽やかに行っています。
やっぱすごいです。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

少し暖かくなってきた今日この頃
庭の南高梅が満開を迎えています。



先日、和歌山にてすくすくプロジェクトセミナーを行ってきました!



part1~part3 で 延べ40名の保健師・助産師・子育て支援者の方たちと
熱く 豊かな時間を過ごしました。

なかなかにまとめて学ぶ機会は少なく
大まかな解説と
「体験学習で知りたいことがつかめた」と言っていただきました。


食材の感触を味わっているところ



目をつぶって食べさせてもらってみよう!


人形とはいえ、一人一人特徴があります


また アセスメントするために必要な
コミュニケーション技術もたっぷり練習しました。
「ママの話を聞いて するっと支援してくる先輩に近づけるかもしれない」
「私にもできることがまだまだある」
力強い宣言をいただきました。
これからも一緒に学び合っていきましょう!



主催してくださったちひろ助産院です。
たくさんお世話になりました。

ありがとうございました!

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

私は和太鼓を習っておりまして
3年を過ぎました。

その教室のすぐ近くに卵を販売しているところがあります。

そこの卵はわりとおいしくてよく買いに行きます。

今日お尋ねしたら


2倍も大きさの違う卵が飾られてました。

普通はM50g
この子は何と96g!
産み始めはちっちゃな卵
2,3才になるとおっきな卵を産むそうな。
このおっきな卵の食感は・・・・・

白身が多く、黄身が薄いそうです。
やっぱり鶏も卵子は老化するのですね。

卵のサイズに影響するのは白身の量
卵屋さんに教わりました

拍手[0回]



こんにちは kikoです。
なんと、今年初めての記事になってしまいました!
皆様、ご無沙汰しております<(_ _)>

さて、昨年12月からはじまった
すくすくプロジェクトセミナー in 明石
Part2 「発達と姿勢編」

を昨日11名の皆様とともに学びあいました。

お蔦したいことが満載で
相当削りましたが、それでも終わったら16時50分
時間が伸びてしまい、申し訳ありませんでした。

皆様、ご自身の体の感度が上がっておられるご様子で
体験を重ねるごとに、たくさん気づいておられました。
最初の姿勢

坐り方実習の後



育児技術は絶好の子どもたちの観察のチャンス

3体個性のあるべびぃ人形を抱いていただき
自分のからだをセンサーに
特徴を感じるチャレンジをしてみました。

ストローを飲む姿勢と飲みやすさ
については
喧々諤々の討論となり
次回への課題持越しです。
皆様。ぜひ観察結果を教えてください。


この日はバレンタインデー
ということで、ご参加者からチョコをいただきました。



とっても和風のお味です。
ありがとうございました。

Part2はお伝えしたいことが伝えきれず
次回からは2つに分けようかなあと考えています。
あれも、これも し残した感じです。
ごめんなさい。


さて、いよいよPart3「アセスメント編」は
4月25日です。

単発参加OKです。
ご希望の方は、下記申し込みフォームよりお願いします。
PC用 : https://mailform.mface.jp/frms/mwkiko/kwhgckvtnyov
携帯用 : https://mailform.mface.jp/m/frms/mwkiko/kwhgckvtnyov


皆様のお越しを
お待ちしております。


   

拍手[1回]



こんにちは kikoです。
12月13日に開催した「すくすくプロジェクトセミナー in 明石」Part1

セミナー中にはたくさんのご質問をいただきました。
ほんとに皆さんの質問が私を助けてくれます。
ありがたい!!

そしてアンケートのほうでもいろいろといただきました。

お伝え出来ることを書きますね。

Q 哺乳時の工夫は?
A 子どもの力を引き出す動作・姿勢でお伝えしました。
  左右対称、機能的肢位が保てる姿勢で、左右両側から交互に飲む
  口輪筋がしっかりと機能するように、舌骨上筋群が使えるように工夫する など
  「新版べびぃケア」の本 P67~70 をご参照ください。


Q おっぱいの出方で赤ちゃんのお口の使い方がかわる、ということはママの身体状況に影響されるということ?
A ママのからだ作りがとても大切。 
  できたら、妊娠中、もっといえば、妊娠前からしなやかな体を育てていってほしい。
  出会ったときからでもできることはたくさんあります。
 「新版べびぃケア」の本 P15-48 をご参照ください。
  また詳しくは(NPO)母子フィジカルサポート研究会のセミナーにお越しください。

Q 腹ばい姿勢のポイントは?
A 「新版べびぃケア」の本 P86 をご参照ください。

Q 子どもが持つスプーンはどんなのがいい?
A お口の機能が使いやすい形状、大きさ 持ち手が持ちやすいものを選ぶといいです。

Q いすに座って大丈夫な段階は?
A お子さんによりますが、少なくともしゃがんだりたったりが
  自分でできるようになって以降かなと観察してます。

Q 子どもが正座でたべることは〇?×?
A 正座は骨盤が安定しやすい=体を支えやすい座り方の一つです。
  見守っていいと思います。
  他の座り方もするか?左右対称に座るか?をいろんな場面で観察してください。
  正座、しかしない としたら、ほかの座位姿勢ではからだが安定しないんだな、と
  私はアセスメントしています。

Q 舌の動きは定頸前の赤ちゃんでもある。それと、ずりばい以降で行うものとは違う?
A 口腔機能は巧緻動作です。生まれたばかりの赤ちゃんが指をいろいろ動かしていることと
  肩が安定し始めてからの指の動きとは意味合いが違ってきていると思います。
  それと同じように、定頸後に行っているずりばいなどの動きに伴う舌の動きは、
  自分で口腔機能を使おうとする試行錯誤のきっかけの動きかな?と考えています。

Q 吸い食べをする子どもは どう支援する?
A (実際の食べている様子をビデオでみせていただきました)
  よだれもよくでる、ということであれば、お口を閉じる力が弱いと考えます。
  とすると、食物がお口に入った後、舌や頬やあごをつかって咀嚼するのに
  口腔内が陰圧になりにくく、吸うことで工夫しているのかなとアセスメントします。
  まずは、体幹が安定するよう遊びや寝姿勢を日々試し、
  食べ方が変化するかを見ていくという方向性を提案します。

Q 知的発達の遅れなどで体の動きが月齢より極端に遅いとき、離乳食の進め方のペースの目安はどうすればよい?
A からだの発達に応じた進め方をしていくことを私はお勧めします。
 それと同時に、からだ全体が発達するようアプローチして、成長を待ちます。
 このあたりは Part2で一緒に考えていけたらと思います。

以上でした。
皆様、ありがとうございました!!

Part2「姿勢と発達編」は2019年2月14日13時30分からです。
皆様のお越しをお待ちしております。


お申し込みフォーム
https://mailform.mface.jp/frms/mwkiko/o5lqlo3eexfc


拍手[2回]



こんにちは kikoです。

昨日、明石で初めて主催セミナーを行いました。
「すくすくプロジェクトセミナー in明石」です。

Part1「口腔機能編」では
お口の働き、について
参加者の皆さんとお互いの学びを共有していきました。お水を飲む ことって結構大変
離乳食がどうして細かく段階分けされてるのか

そんなことを一緒に体験しました。
 

そして口腔機能はからだの育ちと大いに関係あることを
学びあっていきました。

相変わらずお渡ししたいこと満載で
予定の時間通りに全然進みませんでした。
皆様、ごめんなさい!


からだに余裕のある私たちにとって
「食べる」「話す」「表現する」は
そんなに大変なことではありません。

でも、からだの余裕が少ない人にとっては、とても大変になります。
口腔機能のどの部分?
どの段階? が大変なのかがわかると、
支援の工夫もいろいろと考えられます。

次回は、そもそも私たちのからだの育ちってどういう感じ?
どんな支援ができる? を考えていきます。

単発参加大歓迎です!
ご興味のある方、一緒に学びあってまいりましょう


お申し込みフォームです。
https://mailform.mface.jp/frms/mwkiko/o5lqlo3eexfc

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

大変有益な情報を得ましたのでシェアです。


「聴覚障害を持つ乳幼児と家族への支援」について
河崎佳子教授(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻)のご講演に参加しました。


私なりに学んだこと:


● 片耳であれ両耳であれ聞こえづらさがある場合、聴き取れない世界がある。
  そして、それがどういうことか本人にはなかなかわからない。
  ということは行動も起こせない(わからない、と言えない)。
● 中等度のきこえづらさ、であっても聴き取りにくい状況は同じ。支援が必要
 (中等度だと障碍者手帳がでず、支援対象になりません)


● 手話は音声言語と同じように映像言語、つまりは手話の文法があり、言語学が存在する。
  まるで息を吸うように音をひろう人と同じく、
  まるで息を吸うように目に入れることができる。
  伝えたい気持ちを映像言語で伝えられたら、人は適切に発達していく


● 手話という映像言語があると、何が起こっているかが見てわかり
  したがって音声言語のわかってないことがわかり
  行動しやすくなり、生活しやすくなる。

● そして乳幼児早期からの適切な支援で行きやすさが変わってくる


お聞きして私の中にすとんと落ちた風景は

手話って英語と同じだわ、ということ。

英語も習ってるから、わかる、わからないが判断できる。
習ってなかったら、そもそもごちゃごちゃの音声でしかない。
1対1ならなんとか聞き取れる。稚拙でも話そうと思うことを相手もとらえようとしてくれる。
これが複数になると、もう何言ってるかわからない。

そして子どもが英語を習得していく時って
文法も何も知らないけど、生活の中でたくさんふれることで
ある日突然、意味が映像としてわかる。
そうなるとネイティブスピーカーとして育っていきます。

そんな感じの支援ができるだけ幼いころから必要だということが
しひしと伝わってきました。


「次世代を育てることのできる「聞こえない大人」に育てるという視点」が必要だといわれました。
その視点に立ったら、今どうするか、を
将来のために今どうするか、と考えていくことができるのです。

明石市には、手話対応型公衆電話が設置されたそうです。


なかなかやるじゃん。
わが住居地。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

今回の旅の大イベントは
なんと、クルーズ船旅行です。

いやあ、なかなかに豪華な旅で・・・・・・
豪華客船というと
やっぱり

これ?


位の知識しかなく・・・・・
とってもドキドキしながら乗り込みました。

予習にTAITANICを見ながら
「あれ?これって沈む話だよな??」
と気が付く始末。

船はたぶん中型位。
はじめての私たちにはかなり大きく
船内の装飾、設備をみては
「おお~~!」と喜んでおりました。

この初体験の過程を書いてみようと思います。

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

只今 夫の住むHouston にやってきています。
3年前から海外旅行熱に火が付き、
今回で通算5回目。

ここはTexas州の州都。
何はなくても牛ステーキの聖地。

現地人のおかげさまで、
なかなかに素敵なステーキ屋におじゃましています。


建物はドイツをイメージしたそうで
ウッディな室内に 素敵なお庭が見えます。

  
そもそもステーキは肉の質もさることながら
焼き方の技術で相当に左右されます。
今までのところもおいしかった。
肉の味がじわ~~っとしみてくる
日本では食べられないステーキでした。


今晩お邪魔したところ。
もうレベルが違います!!
メニューには「フィレを焼いた後、芯の部分だけを供します」
つまり、芯の部分が好みの焼き加減になった後、
外側をけずってだしてくださる、ということです。
なんてもったいない!! 外側も食べたい!!
と思いつつ、頼みました。

一口味わったら・・・・・・・


今までのなかなかにレベルの高いステーキとも一線を画す。
あまりの味の深さにため息しか出ません。
どんなにおいしいステーキでも、
例えばshakeshuckのハンバーグでも
3,4口目からは同じ味が続く感じ。
それが、
ここのステーキは最後の最後まで
肉の味を楽しみたい
最後は一切れを小さく小さく切って頂くくらい
肉の味を堪能できる焼き具合。

これは肉だけでなくサイドディッシュにも表現されます。
アスパラガスは芯まで火が通っているけれど
シャキシャキ感をしっかり残したお味。
マッシュルームとロブスターのクリームソースは
肉と一緒でも
単独でいただいてもOKなおいしさ。
cream spinachは、クリームの下の豊かなブイヤベースが支えている。
すべてにおいて最高でした。


私はステーキ大好き
もしくは
ステーキ大嫌いの方

ぜひぜひこのお店に行ってください。

人生変わること間違いなし。
ただしお財布はおひとり様150ドルはゆるめておいてくださいね。
(ワインbottle込みのお値段です)

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

これから ちょっとお出かけです。
合間にPC開いている状況。
今はどこででもアクセスができて便利になりました。

さて、先日ホテルで見ていたテレビ番組
「僕らは奇跡でできている」

設定、そして取り上げるエピソード、セリフ
かなりしっかりと下調べされて作成されているのがわかります。

その中のセリフに・・・・・

「誰でもできることが できるのはすごいことじゃないんですか?」

普通にできること、できていたこと

得意なこと、好きなこととともに
強み なんだなあ。

そこが何個見つけられるか。
出会う人ごとに探してみようと思います。

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

今回の北海道の旅の最後は
尊敬するT先生がおられる 保育園の見学と研修でした。

おりしも音楽会の練習中。
劇遊びの練習を懸命にしています。
かわいいemoji

0歳児のお部屋では15人の赤ちゃんたちが
遊んだり、お昼寝したりしています。
眠くてぐずっていた子の足を温めながら抱いてたら
すとんと寝てしまいました。

全身預けてくれるだっこができる子どもたち
しなやかなからだに育ってるなあと嬉しくなりました。

午後の研修は11月10日分科会で行ったものから厳選しました。
90分でお伝えするには
ゴールに向かう内容を明確にしないと難しい。
また、新たな勉強をさせていただきました。


皆さん、熱心に聞いてくださり
体を動かしては「うそ!」「かわった!」と大盛り上がり。

他園の保育士さんたちもご参加で
「うちにもきてください」と言ってくださいました。

来年 訪問できる園が増えそうです。

拍手[2回]



こんにちは。kikoです。

翌日はいよいよ分科会。
私は第4分科会~保健安全~ の担当です。

このお話はまこまないみどりまち保育園園長熊澤先生から
確か4月ごろいただき
ここで話すことに向けてこの半年活動してたと言っても過言ではありません。


ずっとべびぃケアを実践してくださっている保育園の
保育士さん、子どもたちへ恩返し、と思い
また、たくさんの保育士さんに話をお伝えする機会をいただき
準備をしてきました。


今回、講演をするにあたり
お世話になっている
認定こども園桑ノ木幼稚園(神戸)の副園長と主任も
応援に来てくださいました。

(書籍の販売お願いしました)

7つある分科会のうち、最初に予約が埋まったそうです。
子どもたちのからだの育ちに関心をお持ちの保育士さんが
たくさんいらっしゃるんだなあと思います。



総勢80名の保育士さんと
 午前中は主に講義
 午後は実習
を楽しく学びあいました。

実習会場では、狭い中で人形を抱っこしたり
椅子の下をくぐったり
ストッパー遊びの体験をしたり

間合いを見ながら上手に動いてくださいました。
さすが、保育士さん!

普段の実践が光ります。

感想は
早く子どもたちと試したい
子どもたちの様子をしっかりと観察したい
今までで一番わかりやすかった
研修に参加していた保育者の表情が真剣だった
園で実践したい

など いただきました。
ありがとうございます。

これからも母子支援者の皆さんが現場で使える知識・技術を研鑽し
パワーアップしてお伝えしていきたいと決意を新たにしました。

どうぞ、よろしくお願いします。

    
(夜の時計台)



拍手[0回]



毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 9/26,10/24,11/19,12/12,1/23
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)毎月2回
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代9/11,10/23,11/13,12/11,1/22,3/18(2月4月はお休み)
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで