忍者ブログ

こんにちは kikoです。

昨日、明石で初めて主催セミナーを行いました。
「すくすくプロジェクトセミナー in明石」です。

Part1「口腔機能編」では
お口の働き、について
参加者の皆さんとお互いの学びを共有していきました。お水を飲む ことって結構大変
離乳食がどうして細かく段階分けされてるのか

そんなことを一緒に体験しました。
 

そして口腔機能はからだの育ちと大いに関係あることを
学びあっていきました。

相変わらずお渡ししたいこと満載で
予定の時間通りに全然進みませんでした。
皆様、ごめんなさい!


からだに余裕のある私たちにとって
「食べる」「話す」「表現する」は
そんなに大変なことではありません。

でも、からだの余裕が少ない人にとっては、とても大変になります。
口腔機能のどの部分?
どの段階? が大変なのかがわかると、
支援の工夫もいろいろと考えられます。

次回は、そもそも私たちのからだの育ちってどういう感じ?
どんな支援ができる? を考えていきます。

単発参加大歓迎です!
ご興味のある方、一緒に学びあってまいりましょう


お申し込みフォームです。
https://mailform.mface.jp/frms/mwkiko/o5lqlo3eexfc

拍手[0回]

PR


こんにちは kikoです。

大変有益な情報を得ましたのでシェアです。


「聴覚障害を持つ乳幼児と家族への支援」について
河崎佳子教授(神戸大学大学院人間発達環境学研究科 人間発達専攻)のご講演に参加しました。


私なりに学んだこと:


● 片耳であれ両耳であれ聞こえづらさがある場合、聴き取れない世界がある。
  そして、それがどういうことか本人にはなかなかわからない。
  ということは行動も起こせない(わからない、と言えない)。
● 中等度のきこえづらさ、であっても聴き取りにくい状況は同じ。支援が必要
 (中等度だと障碍者手帳がでず、支援対象になりません)


● 手話は音声言語と同じように映像言語、つまりは手話の文法があり、言語学が存在する。
  まるで息を吸うように音をひろう人と同じく、
  まるで息を吸うように目に入れることができる。
  伝えたい気持ちを映像言語で伝えられたら、人は適切に発達していく


● 手話という映像言語があると、何が起こっているかが見てわかり
  したがって音声言語のわかってないことがわかり
  行動しやすくなり、生活しやすくなる。

● そして乳幼児早期からの適切な支援で行きやすさが変わってくる


お聞きして私の中にすとんと落ちた風景は

手話って英語と同じだわ、ということ。

英語も習ってるから、わかる、わからないが判断できる。
習ってなかったら、そもそもごちゃごちゃの音声でしかない。
1対1ならなんとか聞き取れる。稚拙でも話そうと思うことを相手もとらえようとしてくれる。
これが複数になると、もう何言ってるかわからない。

そして子どもが英語を習得していく時って
文法も何も知らないけど、生活の中でたくさんふれることで
ある日突然、意味が映像としてわかる。
そうなるとネイティブスピーカーとして育っていきます。

そんな感じの支援ができるだけ幼いころから必要だということが
しひしと伝わってきました。


「次世代を育てることのできる「聞こえない大人」に育てるという視点」が必要だといわれました。
その視点に立ったら、今どうするか、を
将来のために今どうするか、と考えていくことができるのです。

明石市には、手話対応型公衆電話が設置されたそうです。


なかなかやるじゃん。
わが住居地。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

今回の旅の大イベントは
なんと、クルーズ船旅行です。

いやあ、なかなかに豪華な旅で・・・・・・
豪華客船というと
やっぱり

これ?


位の知識しかなく・・・・・
とってもドキドキしながら乗り込みました。

予習にTAITANICを見ながら
「あれ?これって沈む話だよな??」
と気が付く始末。

船はたぶん中型位。
はじめての私たちにはかなり大きく
船内の装飾、設備をみては
「おお~~!」と喜んでおりました。

この初体験の過程を書いてみようと思います。

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

只今 夫の住むHouston にやってきています。
3年前から海外旅行熱に火が付き、
今回で通算5回目。

ここはTexas州の州都。
何はなくても牛ステーキの聖地。

現地人のおかげさまで、
なかなかに素敵なステーキ屋におじゃましています。


建物はドイツをイメージしたそうで
ウッディな室内に 素敵なお庭が見えます。

  
そもそもステーキは肉の質もさることながら
焼き方の技術で相当に左右されます。
今までのところもおいしかった。
肉の味がじわ~~っとしみてくる
日本では食べられないステーキでした。


今晩お邪魔したところ。
もうレベルが違います!!
メニューには「フィレを焼いた後、芯の部分だけを供します」
つまり、芯の部分が好みの焼き加減になった後、
外側をけずってだしてくださる、ということです。
なんてもったいない!! 外側も食べたい!!
と思いつつ、頼みました。

一口味わったら・・・・・・・


今までのなかなかにレベルの高いステーキとも一線を画す。
あまりの味の深さにため息しか出ません。
どんなにおいしいステーキでも、
例えばshakeshuckのハンバーグでも
3,4口目からは同じ味が続く感じ。
それが、
ここのステーキは最後の最後まで
肉の味を楽しみたい
最後は一切れを小さく小さく切って頂くくらい
肉の味を堪能できる焼き具合。

これは肉だけでなくサイドディッシュにも表現されます。
アスパラガスは芯まで火が通っているけれど
シャキシャキ感をしっかり残したお味。
マッシュルームとロブスターのクリームソースは
肉と一緒でも
単独でいただいてもOKなおいしさ。
cream spinachは、クリームの下の豊かなブイヤベースが支えている。
すべてにおいて最高でした。


私はステーキ大好き
もしくは
ステーキ大嫌いの方

ぜひぜひこのお店に行ってください。

人生変わること間違いなし。
ただしお財布はおひとり様150ドルはゆるめておいてくださいね。
(ワインbottle込みのお値段です)

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

これから ちょっとお出かけです。
合間にPC開いている状況。
今はどこででもアクセスができて便利になりました。

さて、先日ホテルで見ていたテレビ番組
「僕らは奇跡でできている」

設定、そして取り上げるエピソード、セリフ
かなりしっかりと下調べされて作成されているのがわかります。

その中のセリフに・・・・・

「誰でもできることが できるのはすごいことじゃないんですか?」

普通にできること、できていたこと

得意なこと、好きなこととともに
強み なんだなあ。

そこが何個見つけられるか。
出会う人ごとに探してみようと思います。

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

今回の北海道の旅の最後は
尊敬するT先生がおられる 保育園の見学と研修でした。

おりしも音楽会の練習中。
劇遊びの練習を懸命にしています。
かわいいemoji

0歳児のお部屋では15人の赤ちゃんたちが
遊んだり、お昼寝したりしています。
眠くてぐずっていた子の足を温めながら抱いてたら
すとんと寝てしまいました。

全身預けてくれるだっこができる子どもたち
しなやかなからだに育ってるなあと嬉しくなりました。

午後の研修は11月10日分科会で行ったものから厳選しました。
90分でお伝えするには
ゴールに向かう内容を明確にしないと難しい。
また、新たな勉強をさせていただきました。


皆さん、熱心に聞いてくださり
体を動かしては「うそ!」「かわった!」と大盛り上がり。

他園の保育士さんたちもご参加で
「うちにもきてください」と言ってくださいました。

来年 訪問できる園が増えそうです。

拍手[2回]



こんにちは。kikoです。

翌日はいよいよ分科会。
私は第4分科会~保健安全~ の担当です。

このお話はまこまないみどりまち保育園園長熊澤先生から
確か4月ごろいただき
ここで話すことに向けてこの半年活動してたと言っても過言ではありません。


ずっとべびぃケアを実践してくださっている保育園の
保育士さん、子どもたちへ恩返し、と思い
また、たくさんの保育士さんに話をお伝えする機会をいただき
準備をしてきました。


今回、講演をするにあたり
お世話になっている
認定こども園桑ノ木幼稚園(神戸)の副園長と主任も
応援に来てくださいました。

(書籍の販売お願いしました)

7つある分科会のうち、最初に予約が埋まったそうです。
子どもたちのからだの育ちに関心をお持ちの保育士さんが
たくさんいらっしゃるんだなあと思います。



総勢80名の保育士さんと
 午前中は主に講義
 午後は実習
を楽しく学びあいました。

実習会場では、狭い中で人形を抱っこしたり
椅子の下をくぐったり
ストッパー遊びの体験をしたり

間合いを見ながら上手に動いてくださいました。
さすが、保育士さん!

普段の実践が光ります。

感想は
早く子どもたちと試したい
子どもたちの様子をしっかりと観察したい
今までで一番わかりやすかった
研修に参加していた保育者の表情が真剣だった
園で実践したい

など いただきました。
ありがとうございます。

これからも母子支援者の皆さんが現場で使える知識・技術を研鑽し
パワーアップしてお伝えしていきたいと決意を新たにしました。

どうぞ、よろしくお願いします。

    
(夜の時計台)



拍手[0回]



こんにちは kikoです。

今年最大の経験のひとつを先日行ってきました。

第42回札幌市私立保育園連盟研究大会
分科会でお話させていただきました。

1日目の全体講演は
非営利団体コドモノミカタ代表理事
井桁容子氏
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、クローズアップ
(団体よりお借りしました)

「保育で輝く 子ども・親・保育者」という題名でした。
新保育方針が意味するものを現場のエピソードを通してお話されました。

「私たちは、がんばれ!と育てられました。
 失敗は許されないこと、人に頼ることはだめなこと、と。
 だから子どもに厳しい。

 でも、こどもたちは わからないことといっぱいで会い
 それって何かなあ? 工夫して失敗して他者に助けを求めて育っていく。
 比べなくていいんです。」

講演者が米粒に見えるくらいの広い会場に
なんと1500名もの保育士さんが
真剣に話を聴いていました。

明日、私がお伝えする内容は
まさに、井桁氏がいわれていることを
具体的にどうするか、の一場面。

勇気をいただきました。
明日、がんばります。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

今日は、とても穏やかで温かい明るい日でした。

わたくし 何年かぶりで
明石の浜に行きました。
(仕事)
すてきな秋晴れで水面がきらきら!
 

一緒に行った人が石投げ好きそうだったので私も一緒にやってみた。

ちっちゃな石よりおっきな石のほうが
感覚入って楽しいかな?と思って
おっきい石をなげたり、渡したり・・・・・


直径15㎝くらいの丸太の切れ端。
海に投げ入れたら、行ったり来たり。
浜に戻ってくる。

最初は私が拾ってたけど
最後には自分で拾ったよ。

海、近づかないって聞いてたけど、すごい!!

楽しいことは、やっぱりうっかりやれるんだなと実感しました。

ほどよく疲れて心地よい。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

ひょんなことから知り合いになったcolabo という団体。

そこには、たくさんの10代の少女たちが
助けを求めて
つながりを求めて
集っています。




この少女のつぶやきを読んでみてください。


https://imidas.jp/otonani/?article_id=l-72-002-18-08-g559

きっと この少女の親は
この子がこんな風に苦しむかかわりをしたいわけじゃないと思う。

でも、どうしていいかわらかない。
自分が受けてきた経験から これしかできない。

そんなことがいっぱいあるんだと思います。

私たち助産師は命が生まれる場面で関わります。
妊娠中、出産時
ここからすべては始まっている。

私たちに何ができるのか??

皆さんと一緒に考えたい課題です。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

ご無沙汰しております。
皆様、お元気でお過ごしですか?

8月終わりからバタバタと過ごすうちに
10月になってしまいました。

この間、佐渡島で保育士さん向け研修におよびいただき
京都は宇治で母子フィジカルサポート研究会セミナーをさせていただき
徳島に母子フィジカルサポート研究会セミナーででむきました。

台風や大雨も多く、今年はほんとに大変だと感じています。

そんな中、
「すくすくプロジェクトセミナー in 明石」を開催することとなりました!!

これは
子ども達の姿勢と発達の関係を中心に考えるプロジェクトです。

本プログラムは、母子支援者の皆様に子どもの発育・発達過程を学び、アセスメント技術をさらに磨いていただくことが目的です。

ひとり歩きを始めるまでの赤ちゃんの発達過程は、人の動きの基本です。そして子どもたちの成長には、「やりたい!」意欲が不可欠です。しかし、うまく進まずに、母子ともにストレスを抱えるケースもあります。

 そんな時、日ごろの活動の様子から子どもの発達過程をアセスメントできると、ニーズに沿った支援や指導へとつながり、妊産婦や保護者サポートのクオリティが向上します。
アセスメントは技術なので、練習を繰り返すと身につきます。
本セミナーで、アセスメント力と支援力の向上を一緒にめざしましょう。

<こんな効果があります>
□1 発達と姿勢の関係の理解が深まります
□2 発達課題のアセスメント力が向上します
□3 教室や指導場面の進行が充実します

<プログラムの特徴>
□1 自身で体験することで発達段階をより深く学びます 
□2 講義と演習で観察・アセスメントの要点を学びます
□3 参加者が互いに学びあい、理解が深まります

<講座内容>
Part1 口腔機能と身体機能の関係    12月13日                    
  ︎機能を促す教具などを用いて体感し、事例を通して考えます。
Part2 発達段階と発達課題  2019年2月14日                       
  子どもの動作・行動の基礎を学びます。育児行動支援のポイントがわかります。
Part3 発達課題のアセスメント  2019年4月                      
  姿勢と発達をポイントに、アセスメントプロセスを学びます。

お申し込みは以下フォームへの御記載をお願いいたします。
https://mailform.mface.jp/frms/mwkiko/kwhgckvtnyov

ご参加をお待ちしております!

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

さる8月4日大阪にて
「骨盤底筋群と女性の健康」セミナーを行いました。

集った大人の女性たち。
それぞれの疑問、到達点をシェアしたのち
布模型で骨盤底筋群のイメージを描き、自分のからだで確認です。

そして、それぞれの骨盤底筋群に関するエピソードがあちこちから繰り出され、
笑いが絶えない時間でした。
いろんなエクササイズを行うたびに、動きがなめらかになる骨盤底筋群。
これからの健康維持をめざして
生活の中でできる工夫をしていこう、と
誓い合った私たちです。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

先日ですね。
実は
はじめて
「設定保育」なるものをさせていただきました!!

保育士でもない私ですが
先生たちの多大なるご協力をいただいて
子どもたちと遊ぶ30分。

貴重な体験をさせていただきました。

動作は「わたる」です。
ねらいは、
・やりたい気持ちが表出でき、チャレンジできる
・活動を通してルールがわかり、守れる(ちゃんと待ってるとできる
・自分で考えて行動できる

どきどきしながら臨みました。
自由遊びの装置に子どもたちが乗ってくれるかわからなかったもので
隣のクラスにおいてみたら・・・・・


なんと すぐに捕獲されて
ずっと遊んでくれてました。

さあ、いよいよはじまり。

最初は自由遊びです。
3か所用意しました。

先生たちには
こうやって遊んだら?みたいな提案はせず、こどもが自分で発想できるよう見守る
安全に留意する

おもしろいことがいっぱい起こりました。
いすの上に登って遊ぶかと思ったらすわりこんでまったりしたり・・・・・

意外に椅子を逆さに並べたセットでずっとあそんでくれたり・・・・
上の写真のマットはやっぱり結構遊んでました。

つぎに設定です。
「じゃあ、いまからここをわたります。ちゃんと
すわってる子から行きます」

1回目は行きたくて、たちあがったりしてた子も
2回目は、ぴしっとすわって まってくれました。


坐るマットが狭かったり
装置の感覚がいまいちだったり
セットが予想外の動きをさせる感じになってしゅうせいしたり

課題はいろいろあるけれど
何とか
なりました。

もう一回させていただきます。

こんどはなにしよっかな~~~

たのしみです 。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

4月に広島で開講した「口腔機能編」につづく
「発達と姿勢編」「アセスメント編」を
7月28日に行いました。

今回は23名のご参加です。
助産師、保育士、歯科医師、歯科衛生士、べビマインストラクターなど
さまざまな母子支援者が来てくださいました。

職種が多いということは、同じ現象でも
見方や解釈に多様性が出る、ということ。

これはお互いに大きな学びになりますね。

ということで、
お互いの困ってることのシェア
字を書く動作をどうやってるかをシェア

などなど、たくさん話し合いつつ
グループを変えつつ進行しました。

からだを使った実習もいろいろと行いました。
せっかくの和室だったんですけど
人数多くて、大きく動いていただけなかったのが
ちょっと残念でした。

午後は、「口腔機能編」「発達と姿勢編」で学びあった
知識や知恵をもとに
アセスメントを練習する時間。

まずはペアコミュ

そして、聴く技術を練習した後

いよいよ聞いて書く、の練習です。

「むづかしかった」
という声も聞かれましたが
皆さん、楽しく真剣に
話を聴き取っておられました。

行なってみて事を
現場で生かしてくださったらうれしいです。

またお会いしましょう!

拍手[0回]



こんにちは kikoです。
連日の猛暑?極暑? 皆様お元気でお過ごしでしょうか。


小学1年生が学外活動の後死亡される事件
あまりに痛ましく、少しでもお役に立つかもしれない情報をかいてみることにしました。

〇子どもの外遊び
1日30分くらい、水につかるでもいいので外で遊ばせてあげてください。
それにより、汗を出す力が発揮されます。
幼少時に汗腺の活性化がされていることがこの後の人生で
汗をちゃんと出せる体質になるかどうかに影響します。
遊びの間、終わった後たっぷりの水分補給
涼しいところでのお昼寝環境の確保をお願いします。

〇教室などでの対策

いつでも水分が取れるように教員は環境を整えます。
水はスポーツドリンクでなく、普通の水でOK.
塩分足りないようなら、塩飴補給しましょう。

お行儀とか、今までの慣習とか言ってる場合ではありません。
汗腺がうまく使えないお子さんが増えているだろう現在
とにかく現場でしんどいことはしない!! です。
なくなってからでは遅いです!!

ちなみにスポーツドリンクは糖分が多く、塩類は不足しています。
持たせるなら、普通の水と梅干です。

〇熱中症かも?
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20140905-OYTEW58725/20140905-OYTEW40306/

このサイトの記事わかりやすいです。
表のリンクができなかったので、ここに貼り付けます。


とにかく冷やす!!
部分的にもですが、水風呂に入れるのも手です。
脳が混乱すると、からだ全体のコントロールはしにくくなります。
とすると、脳にいく血液が冷えていること、がキーポイントです。


拍手[1回]



毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 12/13(2018)1/24,2/14,3/28,4/25,5/30
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)毎月2回
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代12/12,1/23,2/27(3月4月はお休み)
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで