忍者ブログ

こんにちは
アメリカ上陸4日おなりました。

今まで、であった子供たちと環境。
サンフランシスコのミッション地区にあるドローレス公園
広い芝生の坂をころげて遊んでました。
        

残念ながらhoustonでは芝生に寝転ぶのはNGだそうです。
fire ant がいるそうで、かまれるとものすごい腫れるそう。
1週間は苦しむらしいです。


houstonでであった「Americcan girl」
女の子の夢って感じで、私は基本的によりつきません。
しか~し、ここのディスプレイで拝見した風景が素晴らしいと思いました。
生活場面を作っていてそこにはいろんな子どもがいます。
 

白人黒人アジア人
車いす使用の人



アメリカ原住民


アメリカ生活の子ども曰く
「ここではいろんな人種やいろんな人がいることを可視化するような宣伝でないのNGだからね」と。
1体80ドル以上で、これに服や靴を合わせると1体116ドル!
この人形のクオリティにこの値段は
日本製品のクオリティの高さからすると???ですが
環境設定が本当にすばらしい!!
ぜひ り○ちゃん人形でも展開していただきたいです


実は人形と同じデザインの服も販売されています。
そしてレストランもあって
個室では誕生日パーティなどできるようになってます。
なかなかのアイディアです。

拍手[1回]

PR


こんにちは kikoです。

今回はちょっと面白いご報告です。

飛行機に乗るとき、混雑しているときは
搭乗の順番を指定されます

日本の航空機は「後列○番までの方どうぞ」
○番までの方どうぞ」
「お待たせしました。全員の皆様のご搭乗を開始いたします」
といわれて搭乗していきます。

今回乗ったユナイテッド航空はこんな風になってました。

あらかじめ搭乗券にA~Eグループまで指定されています。

時間になったら、A~Eの順番で乗っていくんです。
A-後列窓側
B-後列真ん中
C-前列窓側
D-前列真ん中
E-通路側

ある意味スムーズでした。

搭乗経験豊富な子どもとこのことについて話した私たちなりの見方はこんな感じです。

日本人は譲り合いの精神あるし、後ろから人が来たら自分の荷物を片付けるなどは後回しで人を通したりする
アメリカ人は自己主張強いから、後ろから人が来ようと自分のことを先にする
とすると、この順番が妥当なのかも。

体格のはるかに大きな人
たとえば幅が私の2倍、背も1.5倍なんて人はたくさんいるので
身動きも大変そう。

そういう意味でもとっても合理的だなあと思いました。

もちろん、ビジネスクラス、ファーストクラスは論外です。

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

上陸2日目は勇気をだした1日。
英語の英語による英語のためのワイナリーツアーに参加してみました。
 

昔に比べて周りになじむのがとっても大変!
一人でいるのが全く苦にならない、ともいいますが。
とはいえ、ニュージーランドからお越しのご夫婦が声をかけてくださった。
いそいそとついていく私。

ゴールデンゲートを抜けて進んでいくと

NAPAというワイン生産で有名な土地につきます。

このツアーには、ランチ付きというハードルがある。
何とか一緒にたべました。

それにしてもみんな強い!
ワイナリー5か所とも試飲料金はらって飲んでます
私は2か所でギブアップ。



バスのガイドのおじさん。たぶん 70代?
だまってたのはワイナリーで試飲している時だけ。
運転しながらバックしながら、地元のことワイナリーのこと説明し続けてます。

カルフォルニアは3000年前に火山でできたところ
気候は朝夕の寒暖の差がはげしく、今だと朝は14度、昼は26,7度になったりする。
これがぶどうにとてもいい。

ヨーロッパのワインは出来のいい年とそうでない年があるが
ここは、あまりそれがない。
ワインの試飲をするときは
グラスはワインで洗うといい。
水で洗うとPHの変化に影響される

などなどいろいろと説明してくれました。
ありがと~~ございます。         

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

わたしはいま どこでしょう?
ここ! ここ! ここ!

実は、san francisco にきております。
今回、末っ子がアメリカの高校を卒業するにあたり
式参加のためにやってきました。

アメリカは初めてやってきました!!
ずっとなんとなく怖くてきておりませんでしたが
きてみたら、ぜんぜん大丈夫でございます。

夜9時前まで外をうろうろしておりました。

噂にきくUnited Airline

我が家人には食事がまずいと有名ですが・・・・・
(常にパンなど日本食を買って乗ってる人たちです)

いやいや普通においしかったよ??


空港のトイレは、やっぱりドアの下があいてました
(映画と一緒)


入国審査所までの廊下はとっても殺風景で緊張感が高まります。


イミグレでは係のおじさんが
「はい、右手ね」
おお、you speak japanese!
そこからなぜか会話がはじまり・・・・・
いいのか?こんなに聞かれて、まずいこといってどっかにつれていかれたらどうしよう??
すんごい不安になりながら、話してました。

建物の大きさと、格調高いたたずまいにびっくりし
空気のきれいさに驚き・・・・・・
(有名なケーブルカーの走る坂です)


バスもハイブリッド、トラックもそんな感じ。
カリフォルニアは知る人ぞ知るオーガニックの土地なんだそうです。

いろんなところにオーガニックなものを扱うお店があります。
 
(紅茶とチョコの店です)

町中に立っている「火災報知器」

なんだかとても親しめる街ですね、

west side storyがあちこちから聞こえてきそうな建物もいっぱいです


拍手[1回]



こんにちは kikoです。
やっと、というかとうとうというか
暑くなってまいりました。
身体冷えないように気をつけるとよいですね。

さて、昨日太田先生が経営される
学習塾リンクスにて

「読み書き支援講座(第3回)
LD・ADHD等の心理的疑似体験ワークショップ」
に参加してまいりました。

電車をおりる駅を間違えまして
しっかりと遅刻してしまいました・・・・・とほほ

いろんな子どもたちのやりにくさを体験し
どんな風に感じた?やりにくかった?
そこでどんな気持ちになる?
講師の働きかけは?
どんな支援や配慮が考えられる?

4人グループで話し合いながら進められました。
これを考えていくのにとっても大事なのは
それぞれのエピソード

そして、そこからじゃあどうしたらいい?
だめ、じゃなくて、やった~~って体験するのに
何ができそう?

という感じは、ファシリテーションと同じ思考過程でした。

やってみるワーク
私はすんごい面白くて
「わ~~できなかった~~」
「やったね、できた」
「どうやったらいいんだろう?」
結構集中して考えてました。

太田先生いわく
「この講習会にいくと、学校の先生が多かったりするんですが
多くの人ができなかったことにすんごいがっかりしてるんですね。
学校現場の評価はできた、できないなんだなあということがよくわかります」

なるほど。私もそんな中にどっぷりとつかって
できることを目指していたから よくわかります。

今は・・・・・
できることもうれしいけれど
どうしたらできるかな?って考えるのがすんごい楽しくなっています。

子どもたちともそんな体験ができるといいなあと思いました。

きっといろんなところでやっているワークショップのようです。
機会をみつけて言ってみてくださいね

拍手[1回]



こんにちは、kikoです。

だんだんと暑い季節がやってきつつありますね。
体調はいかがですか?


こんな記事を紹介していただきました
http://spotlight-media.jp/article/281581863961682056

双子だから大変ってわけでなく
出産からすぐにはじまる育児

迷わない親はいない、と思います。

私はすんごい迷いました。
何よりも自分とは違う人格が
自分とは違う想いを訴えてくることに
ものすごいストレスを感じていました。

最初の子どもが生まれたとき
「かわいい」っていう感情はありませんでした。
(ごめんよ、1番上、今はほんとに君を尊敬しているよ)

日々、助産師として子どもを観察してました。

いつの間にか、「かわいい」かもと思うようになり
子どもかわいいスイッチが育まれていきました。

2番目が生まれたときは、「かわいい」スイッチは完成してましたので
最初っから、なめるようにかわいがってました。

それも意思がはっきりするまでかなあ。
自分の意思を表すようになってからはバトルです。

3番目は孫状態でした。
なにしても「まあいいやん」
みかねたうえ二人が
「お母さん、そんなことじゃ ちゃんとした人間に育たないよ」
と忠告してきましたので。

ことほど左様に私は自分の感情のみで子どもとつきあってきました。
今3人とも立派に大人になっております。

失敗もいっぱいあるけど、
まあいいんじゃない。
何よりも自分自身の人生を
自分の足で歩もうとする 歩んでいる
立派な大人に育ちましたので。

それは、私が自分のしたいことをしてきているから。
子どもが寂しいと思うかもしれない、なんてことよりも
自分がしたいことが先です。

自分が犠牲になって子どものためにしている
という想いを抱いた時点で、
親は子どもの負担になると思っています。

自分を大事にしていきましょうね。
そうしてはじめて子どもを大事にできると思います。

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

昨今、赤ちゃんの姿勢や育児行動について
いろいろなご意見が発散されるようになってきました。

様々な人が注目していることはすてきです。
それが赤ちゃんたちの健やかな、楽ちんな生活につながっていったら
ほんとに幸せですね。

関わりを持ち始めて4年目の桑ノ木幼稚園。
本日はべびぃケアクラスでした。
きてくださる親子はみなさん、お互いの過ごしやすさを追求しています。
そこからもう一つ工夫できると楽かも~~をお伝えしました。

今月も京都から見学の助産師さん。
「ここに来ると幸せなんです。
みんなかわいいし、成長している様子がわかって
見守るのが楽しいです」

といってくださいました。

保育部門には今年20名のお子さんがいらっしゃいます。
気になる姿勢のお子さんもいらっしゃいます。
まずは、その子が特異なこと、できることを的確にアセスメントする
そこから、できる工夫を考える

このスタンスはやっぱり共通だと思います。

そしてケアを提供する側は、
誰のために行っているか?を自問自答することが大切だと思います。

ケアギバーの満足のために提供するのか?
対象のべびぃちゃん、そして保護者の方たちの将来を願って提供するのか?

ここがプロかアマチュアかの分かれ目です。
自分でアセスメントするしかないところですけれど。

その親子がその親子らしく
その人らしく
笑顔になっていただけたら
幸せですね~~~

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

ただいま、わが父親がオフポンプ心臓バイパス手術の術後6日目となります。
http://iryou.chunichi.co.jp/article/detail/20120711150923385

いや~~自分の親がまさかこんな大手術をするようになるとは思わず・・・・・

それくらい元気で生活していたわけですが・・・・・・
脳梗塞から原因疾患を調べたら
動脈の分岐点すべてにカルシウム沈着を伴う狭窄がある状態とわかり
本人の不穏状態が続き、opeを選択しました。

術後は、まあ見事な鎮痛処置とope技術そのものの改革もあるんでしょう
元気、元気。
ope後1日目には、起坐位となってました
(もっとも面会50分で心臓疲れたか、早々に退散しました)
2日目には食事が始まり(いきなりコロッケだったそうです)
なんやかやといいつつ5日目にICUから一般病棟に出てきました。

その間訴えていたのは「背中が痛い」

最初は、胸の手術をしたからその放散痛かな、と思っていました。
でもずっと続いており、昨日は歩行訓練に来たPTに訴えると
「じゃあ」ってことで左側臥位で肩周辺のmassageをぐりぐりされ・・・・・・
張りかえしがきて、とんでもなくつらかったそう。

本日6日目。観察いたしました。
右背部がずっと張感があり、痛い、と。

まあ原因はここじゃないな~~
胸骨を真っ二つにわる手術ですので
重みがのって痛いのか?とも思いましたが
左側臥位のみ楽、仰臥位、右側臥位はつらい
とのこと。
肋骨の左右差著明。

これは、どこかに左右差があるとアセスメントしました。
痛みが出て5日はがんばっているので、骨盤周囲の筋肉靭帯が相当疲れているだろう
は定石です。

骨盤調整の操体法で、左中殿筋、左仙結節靭帯がゆるみました。
その状態で、左側臥位から仰臥位になるときに右肩を支えると「痛くない」

胸のコルセットをとるとき、重みでつらいといけないわ、と思い
テンション保ったままはずしたけど、痛みなし。

ということは重力負荷ではなく
肋骨の左右差か、とアセスメント。

そこで、胸を支えているコルセットをちょっと工夫しました。
肋骨下部(肋骨5~8)が落ちていくのがつらいんだろう

ここを左右対称になるように支えあげたら楽ではないか?
そうなるようにコルセットのとめる方向をちょっと工夫したら
「痛くない!!」
寝返りも起き上がりもすいすいと行うようになりました。
そして、コルセットもずれあがっていきません。


方法はいたって単純。難しいことは何もありません。
その前にいかに観察できるか、がポイントだということを
今回も再認識しました。

現場の看護師さん
PCの記録も大切ですが
Clの様子を具体的に観察する技術も磨いてくださいね。

こんなちょっとしたことで、術後痛くて眠れない訴えが軽減します。

うちの親は「やっぱりお前がおらんとな~~」といってます。
おんなじ称賛を浴びること間違いなしですよ!!

ぜひぜひ観察力を磨いてください

拍手[2回]



こんにちは kikoです。

今年度、育児サポート楽育では
育児支援者に携わる方対象のセミナーを開催することとしました。

名付けて
発達に特異性のある子どもたちへの関わりを学ぶ

2年前には、親子、そして支援者対象に
すばらしい保育をされている武岡弘子先生に
お話を伺いました。
心洗われ、子どもたちと接する核を教えていただきました。

今回は、支援者として
昨今のちょっと気になる子どもたちと楽しく過ごす工夫や
保護者の方と一緒に考えるスキルや知識が
私達にもっとほしいね、ということになったんです。

ご教授をお願いしている先生方は
子どもたちが大好きで
一人の人としてどんな時も敬意をもって接しておられる
あこがれの方たちです。

まさかお願いできると思わず
当たって砕けろ、でお尋ねしたら
快諾をいただけました。

ほんとにたぶん、めったにない出会いになると思います。

乳幼児の育児支援をされている方
ぜひぜひお越しください。

たくさんの方に来ていただきたいので
参加費はぐっとおさえて3300円(事前申込・振込時、7/5以降は4000円) としました。
お申し込みは以下のフォームからお願いします。
お振込完了にて受付となります。

http://www.kokuchpro.com/event/raiku/

以下、講師紹介の抜粋です。
 
講師として
(NPO)母子フィジカルサポート研究会の正会員でもあり
小児科専門医 リハビリテーション臨床認定医 産業医で
乳児期からの育ちの大切さを伝えてくださる
加藤静恵先生(北海道)

発達障害児の支援に携わる作業療法士で
プレイジム代表、姫路獨協大学客員教授。
日本感覚統合学会常任理事。日本スヌーズレン協会理事
子どもたちが手軽に楽しめる感覚統合遊びの研究・実践をされている
太田篤志先生

一般歯科、臨床研修指導歯科医 
さわやか歯科院長一日120人の予約の中、発達障害児を20人ほど診察
その延長上に見えてきた健常と呼ばれる子供たちの口腔内の変化を研究されている
北村義久先生(奈良)

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

本日は、株式会社ピジョン様での
「おっぱいカレッジ」でのお仕事でした。
http://pigeon.info/class/lesson-07b0845b.html

毎年東京、大阪、名古屋と開催される
妊婦さん向けの講座です。
ピジョンの製品などもみつつ
母乳育児について具体的に学びあう内容となっています。
最初に母乳育児についてのお話を全員で聴いた後
各ブースでレッスンを受けていただきます。

私は、「授乳の仕方」レッスンを受け持っています。

今年は神奈川県の
産婦人科医師 善方 裕美先生のお話でした。
赤ちゃんとママが大好きなんだな~~ということが
言葉の端々からにじみでる講義で、
一緒に聴かせていただき、とても勉強になりました。

さあ、いよいよ授乳レッスン。

妊娠中に学んでいただいたことが産後の糧となるのに
どう進めようか、いつも考えます。

妊婦さんの大きな強みは
「おなかのなかに赤ちゃんがいてくれる」ことです。

生まれてからも、おなかの中にいる姿勢を保つと
赤ちゃんは力がぬけてリラックスしておっぱいが飲めるよ~~~

じゃあ、おなかの中の姿勢を人形で再現してみましょう。

皆さん「え~~」といいつつ楽しく実習。

じゃあ、このまま抱いてみようね。
そのまま授乳してみようね。
お隣の方にそのまま渡してみましょう。

げっぷは背中の力が抜けることがポイントですよ~~~

ポイントは、おなかの中にいる姿勢を保つこと

少しでも産後に覚えていてくださったらうれしいです。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

やっと温かくなってきましたね。
それでも今日はちょっと肌寒いかな?

皆さん、おじいちゃんおばあちゃんと育児方法について
考え方が違う、って感じることありますか?

アドバイスはありがたいけど
助産師や保健師が言うことと違うこともあって
どうしたらいいかわからない、って悩みはよくお聞きします。

抱き癖 昔はいわれてましたが今は親子のきずな作り
赤ちゃんの安心のためにいっぱいだっこしましょう といっています。

ミルク 昔はミルクのほうがよく育つ といわれていました
今は、母乳の特徴が科学的にも研究され、人には人乳がいい とお伝えしています

歩行器 昔は早く歩けるようになる と伝われていました
今は、身体を守る機能が育ちにくいことがわかり、勧められていません。


ことほど左様に時代によって育児は変わります。

そんな情報を1冊にまとめられたものがあります
さいたま市発行の「さいたま市祖父母手帳」
http://saitama.bss-net.jp/bookshelf/30000160129004.html

行政の仕事として、すごいですね。

よければ目を通してみてください。

そうそう、べびぃケアでお伝えしている寝かせ方
これは古い文献で江戸時代にはでてきており
戦後まであったものでした。

いつの間にか、お布団でまっすぐ寝かせるようになり
うつぶせ寝が流行ったころにできた
硬~~いマットがそのまま残って
今の大人が寝ても背中がつらいくらい硬いマットが
赤ちゃん用に販売されています。

ご参考まで

拍手[2回]



こんにちは kikoです。

認定保育部門も4月から
新たに4人のべびぃちゃんを迎えました。

8か月。お座り得意。
腹ばい、寝返りは泣いて嫌がっているように見える

さあ、どうしましょう?
初日、おむつ交換で床に寝かせるだけでもぎゃ~~。
ああ、しんどいんだねえ。

当園の保育士さんから自然に出てくるアセスメントです。

どうしようか?
こんな格好はどう?
これは?
といろいろとべびぃちゃんと相談されます。

そうこうしているうちに
力を抜いて、ふんわりと屈曲位で過ごせるようになりました。
3日目には、床に寝ても泣かなくなりました。

まだまだべびぃちゃんですので
お昼寝は2回します。
どちらも姿勢を守られて、まぁるくふんわりと寝ています。
1週間たった今週は、すこし腹ばいで過ごせるようになりました。

ちょっとずつちょっとずつ
自分で自分を支えて動けるからだに育っていこうね。

日々の小さな積み重ねが、べびぃちゃんの成長を助けます。

ある意味「当たり前の保育」を提供できる
保育士さんは
ほんとうにすごいです

拍手[2回]



こんにちは kikoです。

いよいよ4月となりました。
皆さんもあわただしくお過ごしでしょうか。

桑ノ木幼稚園では、今年新しい先生を7人迎えました。
当園ではホワイトボード・ミーティングを取り入れて4年目
ずっとやっている先生は、もうしっかり理解して行えます。

そこで、足並みを合わせるために
4月1日の新任研修に1時間いれていただきました。

そしたら、新任研修にもつながるように行いましょう、
ということでプログラムデザインを考えました。

「研修っていうと、就業規則とか説明されたり
聴くことだけと思っていたら、
こんなにいろんな人と話せて、緊張がとけました」

とうれしい感想をいただきました。

ワークの最後は、
「働くっていうと?」で意見交換しました。
最後は先輩からのアドバイスをもらいました。
   
研修の時間がすぎていく間に
場があたたまっていくのが伝わってくる
ホントにすごいプログラムだと思います。

今年からよろしくお願いします。


拍手[1回]



こんにちは kikoです。

保育士さんが一堂に集う時間を利用して
2015年度のふりかえりと来年の個人目標をきめる会を行いました。

どんなふうに進めようかな~~とプログラムデザインを考えます。

最初に
4月の風景をスライドショーで。
何の加工も必要ありませんでした。
姿みてるだけで、「大きくなったね~~」「小さかったね~~」

次に昨年の振り返りの写真で幕開け
「今年はいかがでしたか?」
ペアで聴いて書く を行います。

そして、アトランダムに組み分けをして
「4つのコーナー」
ママの見守り隊の小学生も参加してくれました。
すんごい上手なんです!!
びっくり!!

最後にそれぞれ「2016年度の目標」を書きます。
 
みんなで輪になって発表。
時間は1分です。

明るく穏やかな場が育まれました。
いつも行っているミーティングの積み重ねがあるので
ホントにスムーズ。

全部で50分で終了しました。

来年もがんばりましょう!!
よろしくお願いします。

拍手[1回]



 こんにちは kikoです。

寒い日が来たかと思ったら
おひさまがぽかぽか

だんだんと春が近づいてきています。

そんな中、保育部門の保護者会が開かれました。
先生が、ご飯、遊び、お昼寝、生活習慣、全体の様子
とわけて報告。
 
つづいて保護者の皆様からおうちの様子

成長したな~~ってところを教えていただきました。
「服が自分で脱げる。半分なら着れる。
テレビだと3歳児のできること、って感じでやってるのに。
うちの子すごいかも」

「タオルに人形をのせて ゆらゆらゆすって遊んでいる。
パパが帰ってくると、人形をのけて、自分たちが寝転んでいる」

「最初はほんとに不安だったけど
毎日楽しそうに通っているのをみて
今は安心してみています」

「家では何にもしない。してくれるのを待っているのに
園では自分でできる。
歌をいっぱい歌っていて、それを聴くのが楽しい」

「自分のことは自分でするようにしていると
き~~っとなって『できない~~!』っていう。
園でもそんな風にいって迷惑かけてるのでは?」

これには、保育士さんからコメント
「家でしているのと同じことをしてくれているのは
私達にはうれしい情報。
園もおうちと同じくらい安心してくれているんだな~~と
私達もこれでいいんだ、と安心できます」

「上の子は昼寝しない、起きるときは泣きながら
なのに
この子はすっと寝て、静かに起きてくる。
園にいくのを、いやっていったことがない」

「なかなか慣れなくて、泣いてるのをみるのがつらかった。
最近ようやく少し慣れたようで、ご飯も食べるようになって
ちょっとほっとしています」

先輩ママの迷いや悩みに励まされたり
園で楽しいことを家でしてる、がわかってほほえましかったり
すてきな会でした。


PTAは
parents teachers association

親と先生が集って、子どもたちの成長を応援する組織

こんな風に、お互いに自然に助け合えると
ほんとに安心ですよね。

ほのぼのとした夜でした。

拍手[0回]



毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 2/23,3/23,4/26,5/17,6/23
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)2/10,2/24,3/9,3/25
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代2/17(3月4月はお休み),5/18
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで