忍者ブログ

こんにちは kikoです。

さる8月4日大阪にて
「骨盤底筋群と女性の健康」セミナーを行いました。

集った大人の女性たち。
それぞれの疑問、到達点をシェアしたのち
布模型で骨盤底筋群のイメージを描き、自分のからだで確認です。

そして、それぞれの骨盤底筋群に関するエピソードがあちこちから繰り出され、
笑いが絶えない時間でした。
いろんなエクササイズを行うたびに、動きがなめらかになる骨盤底筋群。
これからの健康維持をめざして
生活の中でできる工夫をしていこう、と
誓い合った私たちです。

拍手[0回]

PR


こんにちは kikoです。

先日ですね。
実は
はじめて
「設定保育」なるものをさせていただきました!!

保育士でもない私ですが
先生たちの多大なるご協力をいただいて
子どもたちと遊ぶ30分。

貴重な体験をさせていただきました。

動作は「わたる」です。
ねらいは、
・やりたい気持ちが表出でき、チャレンジできる
・活動を通してルールがわかり、守れる(ちゃんと待ってるとできる
・自分で考えて行動できる

どきどきしながら臨みました。
自由遊びの装置に子どもたちが乗ってくれるかわからなかったもので
隣のクラスにおいてみたら・・・・・


なんと すぐに捕獲されて
ずっと遊んでくれてました。

さあ、いよいよはじまり。

最初は自由遊びです。
3か所用意しました。

先生たちには
こうやって遊んだら?みたいな提案はせず、こどもが自分で発想できるよう見守る
安全に留意する

おもしろいことがいっぱい起こりました。
いすの上に登って遊ぶかと思ったらすわりこんでまったりしたり・・・・・

意外に椅子を逆さに並べたセットでずっとあそんでくれたり・・・・
上の写真のマットはやっぱり結構遊んでました。

つぎに設定です。
「じゃあ、いまからここをわたります。ちゃんと
すわってる子から行きます」

1回目は行きたくて、たちあがったりしてた子も
2回目は、ぴしっとすわって まってくれました。


坐るマットが狭かったり
装置の感覚がいまいちだったり
セットが予想外の動きをさせる感じになってしゅうせいしたり

課題はいろいろあるけれど
何とか
なりました。

もう一回させていただきます。

こんどはなにしよっかな~~~

たのしみです 。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

4月に広島で開講した「口腔機能編」につづく
「発達と姿勢編」「アセスメント編」を
7月28日に行いました。

今回は23名のご参加です。
助産師、保育士、歯科医師、歯科衛生士、べビマインストラクターなど
さまざまな母子支援者が来てくださいました。

職種が多いということは、同じ現象でも
見方や解釈に多様性が出る、ということ。

これはお互いに大きな学びになりますね。

ということで、
お互いの困ってることのシェア
字を書く動作をどうやってるかをシェア

などなど、たくさん話し合いつつ
グループを変えつつ進行しました。

からだを使った実習もいろいろと行いました。
せっかくの和室だったんですけど
人数多くて、大きく動いていただけなかったのが
ちょっと残念でした。

午後は、「口腔機能編」「発達と姿勢編」で学びあった
知識や知恵をもとに
アセスメントを練習する時間。

まずはペアコミュ

そして、聴く技術を練習した後

いよいよ聞いて書く、の練習です。

「むづかしかった」
という声も聞かれましたが
皆さん、楽しく真剣に
話を聴き取っておられました。

行なってみて事を
現場で生かしてくださったらうれしいです。

またお会いしましょう!

拍手[0回]



こんにちは kikoです。
連日の猛暑?極暑? 皆様お元気でお過ごしでしょうか。


小学1年生が学外活動の後死亡される事件
あまりに痛ましく、少しでもお役に立つかもしれない情報をかいてみることにしました。

〇子どもの外遊び
1日30分くらい、水につかるでもいいので外で遊ばせてあげてください。
それにより、汗を出す力が発揮されます。
幼少時に汗腺の活性化がされていることがこの後の人生で
汗をちゃんと出せる体質になるかどうかに影響します。
遊びの間、終わった後たっぷりの水分補給
涼しいところでのお昼寝環境の確保をお願いします。

〇教室などでの対策

いつでも水分が取れるように教員は環境を整えます。
水はスポーツドリンクでなく、普通の水でOK.
塩分足りないようなら、塩飴補給しましょう。

お行儀とか、今までの慣習とか言ってる場合ではありません。
汗腺がうまく使えないお子さんが増えているだろう現在
とにかく現場でしんどいことはしない!! です。
なくなってからでは遅いです!!

ちなみにスポーツドリンクは糖分が多く、塩類は不足しています。
持たせるなら、普通の水と梅干です。

〇熱中症かも?
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20140905-OYTEW58725/20140905-OYTEW40306/

このサイトの記事わかりやすいです。
表のリンクができなかったので、ここに貼り付けます。


とにかく冷やす!!
部分的にもですが、水風呂に入れるのも手です。
脳が混乱すると、からだ全体のコントロールはしにくくなります。
とすると、脳にいく血液が冷えていること、がキーポイントです。


拍手[1回]



こんにちは kikoです。
この酷暑、皆さん、体調崩されていませんか?

しっかり水分取って乗り切りましょう!

さて私
昨日は 高校生の皆さんと性について考えました。

皆さん でかい! たくましい!
こども園の皆(約300人)が行動に集まってバスケコート一面弱
高校生320人はコート二面強!


パワポの操作があって 中に入れなかったのが残念です。
(インタビューに回れなかった。次回の課題だ)


今回のテーマは「自分らしく生きる」
この先どんな人生を歩みたい? 
そのためにどうしますか?
どうなったらいいと思いますか?

考える材料をお渡しできてたらいいなあと思います。
自分の性機能をしっかり活性化するのに
鼻呼吸と座骨で座るがポイントだよと
体験もしてみました。

終了後、生徒さんがお礼の言葉を語ってくださいます。

「性の機能を高めるのに、鼻呼吸や座骨で坐ることが関係することを知りました。
性は大事なものなので、これからも考えていきたい」

言葉にしやすいことを入れておくのも大事ですね。

これから活躍する若者たちに知ってほしい。

自分の人生を自分らしく生きる
性を通して考えると、とても具体的です。

一緒に学びあいましょう。

拍手[0回]



こんにちは kiko です。

保育部門勉強会の中でご紹介した無藤先生の言葉。

とても示唆に富んだものだと思います。

ご紹介します。

ーーーーー
□ 穏やかな雰囲気である。
□ どの子どもも、眠い・疲れた・おむつ・ミルクなどでぐずることはあるが、大泣きはしない。泣いても続かない。
□ 部外者がのぞいても、人見知りがあまりない。警戒心を持って最初はいても、安全と分かると、打ち解けて、見たり、微笑んだり、ものを渡そうとしたりする
□ 保育士がゆとりを持って対応している。大きな声を出さない。荒げない。叱りつけない。といって、大げさに褒めたりもしない。
□ 子どもが多少転んでも痛くない。安全である。(そうすると、叱りつけることがなくなる。)
□ 子どもが特に10ヶ月以降、部屋を探索し、ものの遊びに集中し、また探索しと、数十分遊びが続く。
□ 子どもたちが機嫌がよい。
□ 保育士が保育が楽しくて仕方ない

ー――――
これに以下を追加してみました。

□ 子どもたちの安全は常に見守られている


どうぞ、ご自身の保育現場を振り返ってみるきっかけにしてみてください。

拍手[0回]



こんにちは kiko です。

関わらせていただいている認定こども園桑ノ木幼稚園の
保育部門(3歳未満児クラス)では
もう2年前から毎月勉強会をさせていただいています。

当園の保育士さんたちの子どもを観る目は半端ない!
さらにブラッシュアップしていってます。

今回は第3回目保育部門勉強会です。
これまでの保育を振り返り、夏をのりきる作戦会議です。

先日、無藤隆先生がかかれていた記事
「乳児保育のよき雰囲気とは」を参考にさせていただきました。 

保育士さん同士意見を発散し収束、そして夏の終わりまでにできそうなことを考える。
想像以上に話す力、書く力がバージョンアップされていて、
さくさくと進んでいきました。


今年度毎週各クラスで行っているふりかえりの積み重ねが
明確にみえた感じです。



当園では全体でホワイトボード・ミーティングに取り組んでいて
会議やふりかえりは、
ファシリテーターが場を調整していってます。

実行されてきた保育士さんたちはもちろん、
支えてこられている主任の力に感動しています。


暑い夏を楽しく過ごしましょう!

拍手[0回]



   こんにちは kikoです。

先日の豪雨、多くの被災された方にお見舞い申し上げます。
自分にできることを今、探しているところです。

さて、報告が遅くなりました。

6月30日は助産師をはじめとする
母子支援者の皆様とともに考えるファシリテーション講座を2本行いました。

午前中は、沖縄県助産師会様主催の
「助産師に役立つファシリテーション」
午後は、杉上主催、助産院プルメリア協力の
「助産師のためのコミュニケーション講座


ファシリテーション講座では
交流会や両親学級など教室展開をする際に役立つ技術として
アクティビティを体験しながら考えあいました。
16名の助産師さんとともに学びあえる機会をいただけて
感謝しています。


中に学生さんが4名も!
楽しそうに、積極的に先輩たちと対話していて、
「これやりたい!」とアクティビティのテーマも提供してくれました。
大学教諭によると、普段はほぼ発言がない学生さんたちだそうで、
先生がびっくりされていました。
そして後輩に自分の体験を渡せて、
先輩たちもとてもうれしそうでした。




コミュニケーション講座では
あらかじめお申し込み時に悩んでいることをお聞きしていましたので、
そこに応える内容を考えて臨みました。


5名の方の意欲は半端なく、
コミュニケーションに関してアイディアを出し合う会議から始まり
質問の技をつかった聴きあいをペアを変えながら何度も行い、
最後に7分カンファの体験です。


「来週の仕事からさっそくやります!絶対やる!」
「自分のもやもやがすっきり晴れた。これからしたいことが明確になった」
といわれて お別れしました。


沖縄では29日に台風発生
30日は「今日は大丈夫、明日はくるさ」と駐車場のおじさんにいわれながら講座を行い
台風においかけられつつ、関西に戻ってきました。
被害がでませんように
沖縄の皆さんが無事に過ごせますように
願っています。


今回、貴重な機会をいただきありがとうございました!
沖縄の皆さん、またお会いできる日を楽しみにしています。


写真はお昼にいただいた「ちゃんぽん」です。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

地震、大雨と地球が少し風邪をひいたような毎日です。
いかがおすごしですか?

大きな地震が来たら、机の下、トイレ、お風呂場に避難です。
家の中のどこがものが少ないか、確認しておきましょう。
枕元には懐中電灯とスニーカーを置いておきましょう。

さて、今月末 6月30日に沖縄でセミナーを2本行います。

べびぃケアや妊産婦さんのケアを提供する際にも
会議や交流会、講演などを行う際にも
身に着けておくと大変お役立ちの
ファシリテーション講座です。

9時半~12時半 沖縄県助産師会主催
助産師に役立つファシリテーション研修

琉球大学医学部保健学科棟 213教室で開催です。

各種教室や、院内での指導場面で役立つファシリテーション技術をご紹介します。
ちょっと取り入れるだけで、参加者さんの意見が引き出され
温かい場をはぐくむことができるようになります。

お申し込みはTEL.098-938-1103 へお願いします。

午後2時半~4時半 mamaルーム杉上主催
助産師のためのコミュニケーション講座

シナジープラス4階で開催です。

クライアントさんの話を聴く技術を練習します。
家族との会話、同僚との会話、様々な場面でのコミュニケーションに役立つ技術です。
話を聴くことが苦手だった私も練習して
だいぶ、聴けるようになりました。

お申し込みは こちら へお願いします。

沖縄の皆さん、6月30日にお会いしましょう!!

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

なんだか暑いような寒いような天候が続きます。
皆様、体調は大丈夫ですか?
意外に体冷えてますので
お風呂に入って、あったまってくださいね。


さて、皆さんはご自身の体や心に起こることは
誰の責任で起こると思っておられますか?

私は、自分自身の責任ですべてのことは起こっていると思っています。

いやだなあと思うのも
楽しいなあと思うのも
楽だなあと思うのも
不快だなあと思うのも

自分です。

とすると、自分の感じたことをもとに
自分で自己選択・自己責任とるしかないですよね?


選択肢のうち、こっちがいいと思ってる
としたら、するかしないかは自分が決めます。

仕事が忙しいとか
見る暇がないとか

そういう言い訳は、通じません。

するかしないか

ましてやそれが赤ちゃんの健康にかかわることであれば
自分できちんと決めるしかないことです。

「どうしたらいいでしょう?」
なんて
無責任な言葉を他人に投げつけるのは
おやめになりませんか?

自分の人生は自分しかコントロールできません。

そうしたい、と思われる方は
いくらでもお手伝いいたします。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

助産師3人で月1回行っている
育児サポート楽育

はじめて6年になります。
この度、地元紙「ミニコミ明石」で紹介してくださいました。




取材に来てくださった記者さんは
ご自身も中学生のお子さんがおられ
その頃の育児感なども聞かせてくださいました。


とても元気な方で
ぐいぐいと教室の気に入ったところを教えてくださいました。


文章は、私たちが伝えたいなあと思っていることを
的確に表現してくださり
ほんと うれしかったです。


伝わるっていいですね。

ご興味のあるママパパ、どうぞお越しくださいね。

拍手[0回]



こんにちは kiko です。

遅くなりました。いただいていたご質問と私なりの考えを共有します。

Q1. ストローのまっすぐとまがってるものについて
まっすぐの場合下を向いて吸うことで舌骨筋などとしては舌が下に押されるように思うのですが。
下唇の感覚としてはまっすぐのほうが良いと思いますし、どちらを優先すべきかなと思いました

A.お口の動きだけでなく姿勢など全身とのかかわりを考えてみたいと思います。

お口単独の動きだと書いてくださったようなことが起こっているのだと思います。
姿勢と絡んで考えたらいかがでしょうか?
私自身の体験をお伝えすると、私はまっすぐのストローで飲むときに下を向いていませんでした。
曲がりストローの場合は、ストローが舌の上に乗らないように舌尖でストローの先を押さえていました。
姿勢のS字状弯曲を保ちやすい人は、体幹が安定している分、腕を自由に使えるでしょうから
コップのほうを傾けて、ストローの当たり具合を調整している。
それがしにくい方は、曲がりストローのほうがお口の機能を活かしやすい、つまり飲みやすいのではないか?と考えました。
ここは具体的に姿勢を観察する必要がありそうです。


Q2.飲めない赤ちゃん 口角からミルクがだらだら出たり、下顎が動いてない赤ちゃんが多い、
全身繫がっていることが分かったがどうケアしていったらいいか

A. 発育発達編、アセスメント編で一緒に考えていきましょう

次回のセミナーへの課題をありがとうございます。
こここそ、一緒に考えたいところです。
7月28日、ぜひぜひお越しくださいね。


Q3. 丸飲み 噛み切れない子へのフォロー

A. お口の機能以外の普段の体の使い方、姿勢などをよく観察してみましょう

Q1,Q2とも通じます。どうしてそうなるのかな?を動作や姿勢をよく観察してアセスメントする。ここが適切だとケア方法は、その子にとってとても楽しい、遊びこみたいものになると確信します。

ご質問はほんとにありがたいです。
(1/30開催のセミナー時のご質問はこちら

皆さんのご質問の力を借りて、次回の
発育発達編
アセスメント編

の内容をさらに絞り込んでいきたいと思います。


7月28日、楽しみです!

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

4/28 すくすくプロジェクト 口腔機能編では
26名の方がご参加ください
24名の方から貴重なご意見をいただきました。

ここにご紹介です。


職種
助産師 12名
保育士 7名
歯科医師 2名
介護士、看護師 1名
児童見守り、音楽講師 1名
母子保健推進員 1名

経験年数
10年まで 7名(最少 2年)
11~15年 3名
16~20年 5名
21~25年 2名
26~30年 2名
31年~   2名(最高 35年)

感想

emoji改めて水を飲む、柔らかいものを食べるを意識した
乳児はこれを1段ずつ習得して固形物を食べるようになるのだと思った
emoji自分が食べさせてもらって初めて、食事が好きになるのか苦痛になるのかがわかりました
emoji食べさせ方が悪いと不快。大人の都合じゃなく、待ってあげること大切なんだなあと思った
emojiスプーンの入れ方、抜き方一つで変わったり、コップの違いで水の飲みやすさがここまで変わることを身をもって感じました
emoji発達(体の動き)などと離乳食の関係に丁寧な子育てを教えられました
emoji普段からちょっとしたことに気をかけるだけで将来の子供の成長に大きく影響することがわかってこれから頑張ろうと思いました
emoji口の観察の仕方、母乳吸う時、食事する時のいろいろな確認方法
emoji身体機能全体が関連していることがとても腑に落ちた。スプーン、されどスプーン 初めて体験を丁寧にゆっくり
emoji姿勢を整えることが口腔機能の発達にもつながること


皆様。ありがとうございました。

次は、ご質問と、私なりの回答を載せます。

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

4月28日のすくすくプロジェクト 口腔機能編では
26名の方と出会いました。
エピソード満載です。

その中のおひとり、いつも懇意にしていただいている
助産師Kさんからいただいた感想です。

自分の感覚に感度の高い方だなあと思います。

―――――――――――――――――

今朝、フレンチトーストを食べてみました
すると
舌が動く!!

意識せずとも食塊ができて、まとめて飲み込んでました
上下左右に動く舌が、粉砕されて流れていこうとする食物を留めるかんじです.

今までは、舌がほぼ動いていなくて、下顎に収まっているので、
粉砕された順に隙間から流れ出ていたのだなと思いました。

昨日4/28)気づいて
意識して動かすことによってそこが動いてきた、という感じです。

そして
舌根あたりの運動した感じ(あうえべより動かした感がある)
食事がそこそこ疲れる(いい意味で
満足感が半端ない
ことに驚きました

いつ忘れたのか
はじめからやってないのか
私の口は、咀嚼機能というより粉砕通過器官になってたなぁ~と思いました。

30回噛みなさい
よく噛むといいよ
と言われても、噛めなかったのは、噛んでるうちになくなってたのです

試してみたら、夫もそうでした
とりあえず困ってないし
人にどうやって噛んでる
なんて聞いたこともないし わかんない

姿勢と違って、客観的に見られない
口の中は主観情報

この場合、知って体験することはとてもとても有意義でした


もう一つ
(我が家のスピードからみて)食べるのが遅くて怒られる次男
よく口が動きます
口の中で3Dに舌が動いていることが感じられます
音はなく静か

振り返ってみると
スピードを求められるようになってから、一口が大きくなり、水を飲むようになったなぁ
悪いことしたなぁ

おっぱい飲むのがうまくて大好き、トラブル無縁で4歳前まで飲んでました

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

4月28日は大忙しでした。

午前中は、親子向けの離乳食教室
午後は、母子支援者向けのセミナー

離乳食教室には11組の親子さんが集まってくださいました。


赤ちゃんたち、みんな飽きるかな?と
思っていたのですが
意外や意外。

皆静かにママたちのお勉強につきあってくれました。
何かわかったのかな?

動ける人たちは
ママが真剣にお水を飲むのを真似したりして
そばで結構見てました。

まだ動かない人たちは
ちょっと泣いたりもしてたけど
そのうち、見学のベテラン助産師・保育士さんに抱かれて
す~~っと眠ってました。

最後にママたちがご自身で体験した介助のコツを使って
お水を飲んでもらってみました。
みんな。上手!!
 

そしてご質問を
わんさといただきました。

ストローいつから使う?
固形物いつからあげたらいい?
うちの子、あまり食がすすみません。


などなど。

日頃の遊び、活動をご紹介し
いっしょにやってみて楽しみました。

ママの食べ方を真似してるかも
とアドバイスしたり
私もとても勉強になりました。

いっぱい質問してくださってありがとうございます。

毎回のごはん
お口の動きや顎の動きなどしっかり見ていきましょうね。
そして、楽しくお口をいっぱい使えるように
食べるお手伝いしてあげましょうね。

そして、わからなくなったら
迷ったら
助産師や保健師、保育士にご相談くださいね。

拍手[0回]



毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 9/29,10/31,11/28,12/19,(2018)1/30,2/20
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)毎月2回
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代9/20,10/11,11/15,12/6,1/24,2/28(3月4月はお休み)
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで