忍者ブログ

こんにちは きこ です。

志を同じくする講師陣、受講生さんと産みだすセミナー
いよいよ7月9日東京にて開催です。

今回は正会員限定です。
興味がおありの方、ご遠慮なく
(NPO)母子フィジカルサポート研究会にお問い合わせください。


お産を見る目が変わります。
できることが増えます。


皆様とお会いできる日を心待ちにしています。
http://ameblo.jp/boshi-physical/entry-12278704485.html…


拍手[0回]

PR


こんにちは きこ です。

今回は、ご質問とそれへの回答を乗せてみます。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)何かを提案してもすぐに結果が出ないときの不安の取り除き方や提案の仕方 どれがあっているかの見極め方、泣く以外に。バランス悪いのは明らかでも負荷をかけると気持ち悪い、続かないじゃあどうする?...

(A) 今の状態は、それまでの生活の結果であり、長い月日を積み重ねて起こっていること。すぐに結果が出なくて当たり前だと思います。続けているとふと変化を感じることもありますね。
大事なことは、「自分の感覚を大事にする」「不快なことはしない」です。気持ち悪い、続かないと感じられていることが大きな力。その感覚に従って中止することが大事です。これは赤ちゃんも同じです。泣く以外にどんなしぐさや表情で訴えてくれているかを感じ取る力が私たち支援者には必須です。


 (Q)沖縄には何回いらしたことがあるのでしょうか?
 
(A)かれこれ10回くらいでしょうか。(NPO)母子フィジカルサポート研究会のセミナー講師として都度お邪魔しております。人も土地もあったかいなあといつも癒されています。


 (Q)口呼吸をしていなくて鼻で呼吸していても口がぽかんと空くのはやめたほうがいいですか?
 
(A)どうしてそうしたいのか?からだの状態や今までの生活状況などをあわせてアセスメントすることが必要だと思います。
口をあけなくてもしんどくなければ、閉じるよう工夫をしていけばいいでしょうし、つらければやめる必要はないと考えます。


 (Q)骨盤を整える体操(妊娠中・前・産後)とかがあれば実践したいんですがありますか?
 
(A)さまざまあります。詳しくは(NPO)母子フィジカルサポート研究会のセミナーにてお伝えしています。ぜひお越しください。


(Q)糸巻きの唄などとてもスローでやっていたが私は育児の中でもう少し早く歌っていたが負担だったのか??

(A)
赤ちゃんに限らず私たちは自分の生活状況、発達状況にみあったリズム、早さをもっています。自分の意志で自分のからだを動かすことがまだできない赤ちゃんの筋肉が、連動して動く体験をするのには、発達段階にみあった動きや速さが必要だと思います。
自分のリズムとは違う、ということをまずは認識することが必要です。


いかがでしょうか?
もしよかったらご意見など、コメント欄にいただけると嬉しいです


拍手[1回]



こんにちは きこです。

先月1月おわりに、沖縄のおさむファミリー歯科医院にて
研修を行いました。


ここの島袋郁子先生がとても熱心に
赤ちゃん時代からのお口の健康に取り組んでおられ
べびぃケアについて、また大きくなった幼児たちの生活の工夫をしりたい
とのご要望で開催いたしました。

総勢18名の歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付、保育士、助産師のみなさんと
学びあえたことに感謝です。

この時いただいた感想をのせますね。

emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji
アセスメントの仕方がMW研修とあまり変わらないくらいすばらしかったです

べびぃのしている行動、動きは大人になってからも体を整える意味で必要だなと思った。

何に対してもバランスというのは大切だと思い勉強になった

子どもの発達の課題や抱っこの仕方アセスメントの仕方などたくさん勉強になりました

どんなに重い子でもしっくり抱っこできるとお互い気持ちいい。

わざわざ準備しなくてもできる体操、あそび

CLへの対応を観させてもらい月齢が進んでいるお子さんでもまた戻ってアプローチする。
一つ一つの発達をきっちり超えていく段階が大切

追視、姿勢と発達! べびぃの動き方 ハイハイの屈伸運動大切! 

45°までの視野

粘土遊びにこんな大きな理由があると思いませんでした。こねるねじるつまむ 
大きな動作全身運動から手先の小さな動作プラス失敗してもやり直せる作る、イメージ力など

抱っこの仕方で手の位置、足の位置、顔をまっすぐとは知らなかったので勉強になりました(抱っこで気持ちの良い位置が赤ちゃんお母さんにあるんですね

赤ちゃんの成長過程(正中位が取れる→正中位を超える→移動静止)

赤ちゃんの大切な時期と手の動き、少し工夫を加えたりいつもとちょっと変えるだけで口呼吸が治ったりetc・・・

グーした時親指が外側がいいということ、べびぃケアをした子がよく泣くようになるということ

生まれてから歩くまでの間で寝返りをうったり体操したりすごくたくさんのことを赤ちゃんは体験できるんだなと感じました

抱っこの奥深さ、深部感覚という初めて聞いた感覚

抱っこはとても深くて1周してみて緊張しないだっこの方法を感じる。

発達には法則がある、

おせっかい支援はせず見守り支援をする

何気なく見過ごしていた赤ちゃんの動き一つ一つに運動の発達が関わっている。

育児行動の一つ一つに「いかがですか?」と問いかけながら保育の現場と連携することの素晴らしさ 

追視は大切と知っていたのに月齢の進んだお子さんでも大切なことに気づかされました


emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji

お伝えしたいと思っていたことをしっかりと受け取って下さり
本当に感謝です。

べびぃちゃん、そして大きくなった幼児さんたちが
健やかに楽しく生活できるよう
ますます尽力したいと思います。

一緒に学びあいましょうね

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

さる11月13日、兵庫県立尼崎総合医療センターにて
「分娩時の新しいフィジカルアセスメント~姿勢と骨盤の査定に基づく安全安楽な出産~」
と題した研修を行いました。
これは
兵庫県立大学看護学部/地域ケア開発研究所周産期ケア研究センター主催で行われた
中堅看護職対象の研修会4回のうちの1回です。

参加者は22名
産科勤務5年目以上の助産師・看護師、ということでしたが
40台のベテランの方も何名かおられ とても熱心な雰囲気の中、始まりました。

今回ゴールにしたのは 教科書、文献内容をいかに現場に沿うものにできるか でした。
膨大な文献を探索し読み込んでいった結論は
「教科書はすごい!!」でした。
そこに書き込まれている事象を読み解いていく力、技術が
現場で妊産婦さんと接している私たちプロには 本当に必要な技術です。

研修中、骨盤誘導線を考えるワークでは 一瞬筆が止まっていました。
「骨盤誘導線って丸くなって天井に向かって力をいれるあれじゃないの??」
教科書的な原理を丁寧にたどっていくと、
今まで気づかなかった真理に出会うことが たくさんあります。

当会の代表吉田が伝えています。
「教科書ベースをきちんと押さえて それに沿って観察していくことで、
進行を妨げているものの端っこをつかむことができる
そこで、姿勢と骨格から観察を進めていくと
その妨げていることがよく見えてくる。
そして、対象者にとって無理のないケアで改善できれば
こんなに素晴らしいことはありません。」

まさにこれを6時間かけてたどる旅でした。

参加者のふりかえりです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ケアに自信がなかった。一流の人ができる手技というイメージがあった。自己研鑽の必要性を感じた

骨産道はどうしようもないと思っていたが、仕方ないと思わず、ケアに活かしていきたい

今までの分娩のとらえ方と全く違うとらえ方ができた

アセスの引き出しが増えた

自分が普段やっていることの根拠を学ぶことができた

産婦さんの取りたい姿勢を支援することが大事。

産婦が自分で産むことを感じてもらい、支援していくこと

内診所見に気を取られて、子宮の形には目が向いていない。きづけてよかった
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 同じセミナーを12月4日も行います。
この研修はクリニカルラダーレベル3認証申請に対応した研修です。
ずっとずっと伝え続けてきたことが、やっと助産師の力になると認められた瞬間です。
これからも助産師の力になるよう セミナーを通して伝え続けていきたいと思います。

これからも(NPO)母子フィジカルサポート研究会を応援してください。

拍手[5回]



こんにちは kikoです。
秋になってきましたね~~
来週からは暑くなるようです。
こういう時、からだの調子が狂いがち
骨盤周囲をしっかり動かして変動を乗り切りましょうね。

さてさて、秋になると
毎年セミナーシーズンになってきます。
今年も始まりました。

先日は、2年ぶりくらいに徳島にお邪魔しましたよ。
前からお会いしている助産師さん
今年初めてお会いした助産師さん
徳島に大阪や高知から来てくださった方
楽しく、深く学びあいました。

地方セミナーのお楽しみは
地元の食事
いろいろと調べて、おじゃまします。

今回は、ちょっと素敵な小割烹居酒屋さんに出会いました。

「おさしみ盛り合わせお願いします。
養殖は除いてくださいね」
とお願いしたら、ナント!!
「うちは養殖物は扱っておりません」

失礼しました!!すばらしい!!
 

しめは、徳島ラーメン
ここのは、ゆずの香りと和風のだしで
とってもしめやかにいただけました。

また行きたいな。

今度はどこにしようかな?

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

いよいよ4月となりました。
皆さんもあわただしくお過ごしでしょうか。

桑ノ木幼稚園では、今年新しい先生を7人迎えました。
当園ではホワイトボード・ミーティングを取り入れて4年目
ずっとやっている先生は、もうしっかり理解して行えます。

そこで、足並みを合わせるために
4月1日の新任研修に1時間いれていただきました。

そしたら、新任研修にもつながるように行いましょう、
ということでプログラムデザインを考えました。

「研修っていうと、就業規則とか説明されたり
聴くことだけと思っていたら、
こんなにいろんな人と話せて、緊張がとけました」

とうれしい感想をいただきました。

ワークの最後は、
「働くっていうと?」で意見交換しました。
最後は先輩からのアドバイスをもらいました。
   
研修の時間がすぎていく間に
場があたたまっていくのが伝わってくる
ホントにすごいプログラムだと思います。

今年からよろしくお願いします。


拍手[1回]



こんにちは kikoです。
先日は、近隣の自治体のご要望で
「ねんねから頚すわりまでのべびぃケア」というお題で
講習会を開催いたしました。

実は、2年前にもおじゃましており
大変ご好評をいただきました。

今回は、メンバーも新しくなったことから
再度同じ内容でとご依頼いただいたものです。

前回お会いした方もきてくださり
総勢30名で楽しく
こどもの育ちについて学びあいました。

この方たちは新生児訪問や赤ちゃん訪問にいかれます。

育児に慣れない時期に出会う専門職の方たちですので
やはり、抱っこは欠かせません。

そこで、今回は
本物そっくりべびぃ人形ちゃんたちに出演していただきました。

 

作業工程40以上。最高の腕をもつ作家が精魂こめて1体1体手作りしてくれています。
監修は私です。
たくさんの赤ちゃんを抱っこさせていただいた体験と
機能解剖学の知識をふんだんに使ったべびぃちゃんです。

抱っこしたときの腕への密着感。
抱っこ練習、授乳練習にとても役に立ってくれる子達です。

この子達に活躍してもらって
抱っこ練習をいっぱいしていただきました。

「改めて抱っこを練習する機会はないので
とても勉強になりました」
と感想をいただきました。

ママもべびぃも
楽しく育児することを
応援する人たちが増えています。

うれしいことです



拍手[1回]



こんにちは kikoです。

ブログ記事がまたお久しぶりになってしまいました。

今年は、いろんなところから
講演のご要望をいただいており、各地飛び回っております。

子どもの育ちを応援する人たちにお伝えできる機会がいただけて
ほんとにうれしい限りです。

2/27,28は新潟での講習会でした。
開業保健師松さんが中心となって活動している

はっぴいmamaはうす

ほんとにステキな取り組みをされていて
4月から拠点を新潟駅近くに移します。

小児科医のとても大きな協力をえて着々と準備をすすめておられます。

そこで活動するスタッフ皆が子どもの育ちを応援する時に
もっておくといい知識、として
べびぃケアを基礎として子どもたちの身体作りの講習会を行いました。

詳しい記事はこちら→「公開講座終了しました!」

皆さん熱心で
子どもに帰って自分の身体を使いながら
子どもたちってこういう感じか~~を学びあいました。

{E1C4AC0A-9D87-4ACB-934A-6A6A7F1D1D1E:01}

{F8E5A5B5-F260-4E67-B4AD-6D054EA41336:01}

こういう講習会したいわ、って方
どうぞご連絡くださいませ。

kikomamaroom@gmail.com

一緒に高めあいましょう!

拍手[0回]



こんにちは kikoです。
先日、池田市にある
こいし歯科医院にて勉強会をさせていただきました。

こいし先生とは、3年前以上からのおつきあい。
池田市には助産師・保健師・栄養士・歯科医師・歯科衛生士の方々が運営する
はぐはぐ、という団体があります。

そこで、時々講演をさせていただいていました。

そのつながりから今回の勉強会のお声かけを頂きました。

一緒に学びあって思ったこと
同じ方向を向いていることってすごい!

 

まずは大雑把に骨格や生理的弯曲の役割について考え
べびぃちゃんが発達していく過程を体で感じていただき
それが姿勢の安定につながっていることを確認しました。

皆さん普段からこいし先生のもとで
子どもたちの成長を お口の健康から見守っているので
観察の目が鋭い!
なのでいただく質問も具体的で
明日からすぐにやれることを考えたい内容がいっぱいでした。

こうしなくちゃいけない、ではなく
こうなったら楽だな~~
おじいちゃん、おばあちゃんになるまで健康にすごせるな
という視点で考えておられるので
お伝えしたいと思っていたことを
そのまんま 持っていってくださったなあと思います。

こんな機会をいただけたことに感謝です!

今回3回シリーズで学びあいます
あと2回どんな内容にしようか
楽しんで考えます

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

先日、ある小学校からご依頼を受けて
「命と性~こどもたちに伝えるために~」という研修を行いました。

対象は小学校の先生・保護者です。
まずは現状をお伝えすることが必要だと思い
政府の調査、その他数字をいろいろとお伝えしました。

実は10年ほど前、性教育にかかわっていました。
今回、数字をみてみると、その頃と子どもたちの悩みは変わっていない。

そして状況はシビアになっている。
また、性自認・性指向の多様性を表す数字がかなり明確にあがってきていました。

性的虐待を受けたとき、誰に相談したか?
という統計では
10%くらいが友人に相談した
60%くらいが誰にも相談していない

友人に相談した時、友人が正しい知識を持っているか
信頼できる大人に相談しよう、と支援できるか、がカギです。
(現役若者の意見です)

相談していない人が半数以上いる、ということは
信頼できる人が周りにいない、ということです。

「心が生きる」性にとって
自己選択・自己決定は必須要素です。

そして、人という動物は
人に助けを借りながら生きていく社会的存在です。

いざという時に力を発揮するとしたら
普段の生活で
自分で決めている、選択しているという意識を持つこと

そのためには科学的な知識が必要です。

もう一つは
いろんな人と軽くて楽しい話ができること
が大事、ということが私の結論です。

コミュニケーションは技術です。
人の話を聴く、というのは難しい
だから練習が必要です。
練習にもコツがあって
失敗ゼロから小さな成功体験、そして大きな飛躍にチャレンジ
という段階を踏んでいくことで
楽しく上達します。

「心が生きる」ために
一緒に練習しませんか?

楽しいですよ


拍手[0回]



こんにちは kikoです。

今日は、お知らせをいたします。

<まちづくりファシリテーター入門講座>(交流会編)...
         
日時 1月29日(金)13時〜16時
講師 杉上貴子(ホワイトボード・ミーティング®認定講師・助産師)
定員 20人(申込順)
対象 女性(八尾市在住・在勤)
申込 http://danjo.osaka.jp/yao/seminar.html
   ※一時保育締切日:1月19日(火)
   
講師やまとめ役としてPTAなどの地域活動で活かせる、
効果的な会議や研修会の進め方のスキルについて学びます。
前半はファシリテーションの基本的な考え方について、
後半は研修会などで使えるアクティビティについて学び、
交流と学びを深めるスキルを身につけます。

親子学級、研修会、講演会など
参加型クラスにしたい人にお役に立つスキルです
その場で知らない同士がいつの間にか話し合い...
意見を聴きあう関係づくりに
ファシリテーション技術は
私達をとても助けてくれます
一緒に学びあいませんか?

拍手[0回]



こんにちは、kikoです。

おわった~~~人生初の大仕事!のひとつ。
最初は保護者向けの講演会、ということでお引き受けした仕事でした。

 今日、計算してみたら、なんと
なんと!!
171名の5~7歳の小さな人たちと一緒に
「姿勢について」の授業をさせていただきました。

今幼保小連携というのが、求められています。
そのモデル地域として、昨年からされている活動の一環のようでした。
竹の台地区は、「姿勢」をテーマにされたそうで、
今年は2年目の活動となりました。
そのしょっぱなの講演会です。

最初、どうなるかな~~と不安だったのですが
「根拠のない自信」を表に出しながら開始しました。
 前日は夜中2時まで、絵本のよみあわせ。
 当日は8時から幼稚園に行き、先生たちと打ち合わせ。
終了後、校長先生が
「高学年の子どもたちだったらどんなことできますか!?」とつめよってくださり
教育委員会の方からは
「この人は特別な人です。170名もの子どもを一斉にうごかすことができるなんて!!」
とお言葉を頂きました。

私は全く特別ではありません。
ずっとずっと、体作りのこと、ファシリテーションとは何か?を勉強し続けた結果です。
「ファシリテーションは技術だから、練習すればするほど上達する」
この言葉に惹かれて勉強し続けて5年。

事前企画会議で先生たちの意見をいただき
プログラムにおこし
説明に伺い、先生たちの参加、役割分担を了解していただき
今日になりました。

私一人の力ではここまでのことはできませんでした。
参加してくださった先生の力、
そして、何より小さな人たちの力が
結集した感じです。

今夜の日本酒はぴか一です。

拍手[3回]



こんにちは kikoです。

お久しぶりの投稿となってしまいました。

10月からは毎年セミナーの季節到来。
受けるほうも受けていただくほうも予定が満載となっています。

第2週はホワイトボード・ミーティングにつかってました。
認定講師の皆さんのトレーナーぶりをしっかりと勉強してきました。

月1の桑ノ木幼稚園べびぃクラス 楽しく終了
月1の育児サポート楽育 楽しく終了
月2の関島産婦人科でのボディケア教室 本日です。

そして来週は、初めて体験の講習会。
なんと140人の子どもたちと体作りについて考えます。
どうなるのか、想像ができない!!
子どもたちの気持ちになって、プログラム準備してます。
ワクワクドキドキの時間になるといいなあ。

(NPO)母子フィジカルサポート研究会のセミナーは
福岡、沖縄、和歌山、広島、大阪、とつづきます。

11月1日は、敬愛する柏葉先生プロデュースの講習会
内容をどこに絞るか今考え中です。

秋は忙しいですね。
皆さんの秋はいかがですか?

拍手[1回]



こんにちは、kikoです。
ここのところ、さわやかな、ちょっと暑いくらいの気候が続いていますね。
汗をかくようなことをいろいろとやれると
たまった老廃物が外にでて、
体調を維持しやすいかなと思います。

さて、昨日は、育児サポート楽育のクラス、でした。
コアラクラス10組、パンダクラス8組の皆様と楽しく過ごしました。

私達のクラスの内容は、変化はとても少ないです。
なんでかな~~?を仲間のtsuboが書いてくれています。
――――――――――――――――――――――――――――――

育児サポート楽育の教室。
他と違ってリズム体操もないし、ゆる~い遊びが多いです。
物足りないかもしれません。
でも、それって意味があるんです。
繰り返しする抱っこにも。
なので、そこは変わりません。
早いリズムの体操も、ベビマもありません。
大切なのは気持ちよく過ごせること。
身体を左右バランスよく上手に使えるようになること。
コンセプトは『嫌なことはしない。いかがですかと聞いてみよう。』
そこは変わりません。

そんな感じで育児サポート楽育の4年目始まります

――――――――――――――――――――――――――――――

すてきな文章。ありがと~~!!

毎年8月は年度しめくくりの振り返り会議を行い
次年度の目標をたてています。
今年も8月6日(広島に原爆が落ちた日)に行いました。

そこで3人で確認したのが、これ。

とくに目玉になることも少なく
こんなことやってます!!って説明がとてもしづらい。

でもこれこそが私達の 売り なんですね。
ひとりひとり、違う人、だから違う個性

一組、一組違う親子、だから違う個性

そこをとことん大事にしよう、と活動をしています。

昨日のクラスは、何かが違いました。
やってること、インフォメーションも同じ
なのに、ママたちがいつも以上に丁寧にべびぃちゃんのお世話をしています。
慣れないママの手助けをしてくださるママもいました。
抱っこも怖いな、危険だな、と思ったママは座って行っていました。

なんだろう?何がちがうんだろう?
と ミーティング

なんとな~~く、見えてきたのは
スタッフ一人一人からでてくる言葉の奥に
「自分の感覚を大事にしようね、いやなことはしないでおこうね」が
今まで以上に明確に入ったからかな~~~

始まりの説明から具体的

たとえばのエピソードがはいります。
6割以上の親子ができることをチョイスします。
安全確保をします。

3人の想い、目的がより具体的に一致した感じでした。

この3年間の歩み、をベースに
教室運営したい人たちに何かを伝えられないかしら?

もしも、見学ご希望でしたら、お声かけくださいませ
穏やかな楽しいクラスです。

拍手[1回]



こんにちは、kikoです。
研修会ではアンケートをお願いしました。
その中でいただいたご質問への私なりの考えを
シェアしたいと思います。

Q:最近縦抱きを首すわり前からしてしまう保護者が多い。
座れる前から座らせられ、ずりばいの前に座ってしまい、
ずりばい、よつばいがなかなかできない。
順番が少し違っても手助けしながらもその子の発達として見守って大丈夫でしょうか 
 
A:子どもたちが自分で自発的に行う行動には、すべて意味があると思います。
また保護者が行うことも同様だと思います。
今起こっている行動=客観的事実とご本人の主観的情報をいかにアセスメントするかが、
私達支援側の課題ですよね。
今していること、できていることにプラスして、より安全に、そして楽しく行えるかを
一緒に考えることが大事だと思っています 
 
Q:やはり、はいはいは、しっかりさせたほうがいいのか?
先に立ち上がる子もいると思うのですが

A:発達課題から考えるとはいはいは、しっかりできるに越したことはありません。
先に立ち上がったお子さんも、よつばい動作をしているのではないでしょうか?
する、しないにかかわらず、
 「うっかり」はいはいしてしまうような楽しい設定は可能かと思います 
(参考ブログ→emoji をクリック)
  
Q:生まれて3週間で寝返りをさせるのですか ?
 
A:赤ちゃんはおなかの中で寝返りをしています。
あるときは背中が右側、次は左側、午前と午後でも動くなど、とても活発です。
生まれてきてからは、自分で動けないので仰向けになったら仰向けのままになりますね。
これはつらいと思うので、横向きで寝ることも経験したり、腹ばいになることも経験してもらいます。その際、頭が床から浮かないようにゆっくりと動かすと、自分で体をひねって腹ばいになります。その力を利用しているだけで、こちらで無理やりさせているわけではありません。
 
Q:1歳か月の男児でつかまり立ちの時、つま先立ちします。
足首回し等、日頃の保育で積極的に行っていますが、他にできることはありますか?
 
A:ポイントは、そのお子さんがどんなことが好きか、楽しいか、心地よいか、だと思います。
たぶん一番ご存じなのは、ママやパパです。
また日頃から接している保育士さんがよくつかんでいますよね。
そこを具体的に教えてもらうと糸口が見えてくると思います
 
Q:乳児についてのことが多かったのですが、
幼児になってしまった今、どうしたらよいか、考えさせられました 
 
A:幼児の基本の動きも乳児時代の粗大運動とそれにともなう体を守る行動です。
複雑なことをいっぱい練習する前に単純な動きを楽しく行うと、
よりやりやすくなると思います。
どう取り入れるかは、私よりも保育士の皆さんのほうがたくさんスキルをお持ちです。
どうぞ自信を持ってお子さんと楽しく遊べる工夫をしてみてください 
 
Q:写真や動画では、こうするといいんだ!というイメージが強く残り、
どうしてこの子にはこれが必要なんだろう?が伝わりにくく、
方法と結果が伝わってきたように感じました。
画像があると受講していて楽しいし説得力がある反面、
気をつける部分も多いのかなあと思いました 
 
A:貴重なご意見ありがとうございます。その通りです 。
今回は、いろんな保育の「例」としてお伝えしました。
あえてやり方の説明をしていません 。
一例としてご覧いただければ幸いです。
 
Q:大阪レポートで、母親が働いていることは子どもには関係がない?影響がない?と断言していたが、さまざまなケースがあるので、必ずそうであるといえないのではないかと思いました。 
 
A:原田正文氏の発表された一連のレポートは全体的な傾向を数字から見たものですので、
非常に大きな母数の中ではこういうことがいえる、というように私は解釈していますし、
そのようにお伝えしたつもりです。
個々のケースの問題はまた別の話と考えていますが、
このように書いてくださるように受け止められたとしたら、
私の伝え方が不十分だったかと思います。
 
Q:保育士として、とても発達やより安全で楽な姿勢を学べました。
ぜひ、家庭のお母さんにも伝えたいと思いました 。
本を購入したいです。書店で買えますか?すぐ買って読みたいです。
 
A:ありがとうございます。書店にはあまりないかと思いますが、ネットでご購入は可能です。ぜひひとつ、ぽちっとしてくださいませ 。

拍手[1回]



毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 11/29,12/22,(2017)1/26,2/24,3/30,4/27,5/25
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)11/18,12/7,12/13
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代11/16,12/14,1/18,2/22(3月4月はお休み)
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで