忍者ブログ

こんにちは kikoです。

4/28 すくすくプロジェクト 口腔機能編では
26名の方がご参加ください
24名の方から貴重なご意見をいただきました。

ここにご紹介です。


職種
助産師 12名
保育士 7名
歯科医師 2名
介護士、看護師 1名
児童見守り、音楽講師 1名
母子保健推進員 1名

経験年数
10年まで 7名(最少 2年)
11~15年 3名
16~20年 5名
21~25年 2名
26~30年 2名
31年~   2名(最高 35年)

感想

emoji改めて水を飲む、柔らかいものを食べるを意識した
乳児はこれを1段ずつ習得して固形物を食べるようになるのだと思った
emoji自分が食べさせてもらって初めて、食事が好きになるのか苦痛になるのかがわかりました
emoji食べさせ方が悪いと不快。大人の都合じゃなく、待ってあげること大切なんだなあと思った
emojiスプーンの入れ方、抜き方一つで変わったり、コップの違いで水の飲みやすさがここまで変わることを身をもって感じました
emoji発達(体の動き)などと離乳食の関係に丁寧な子育てを教えられました
emoji普段からちょっとしたことに気をかけるだけで将来の子供の成長に大きく影響することがわかってこれから頑張ろうと思いました
emoji口の観察の仕方、母乳吸う時、食事する時のいろいろな確認方法
emoji身体機能全体が関連していることがとても腑に落ちた。スプーン、されどスプーン 初めて体験を丁寧にゆっくり
emoji姿勢を整えることが口腔機能の発達にもつながること


皆様。ありがとうございました。

次は、ご質問と、私なりの回答を載せます。

拍手[0回]

PR


こんにちは kikoです。

かねてより念願だったすくすくプロジェクト
総勢26名の母子支援者の皆様とともに学びあいました!
   

3時間の中に、どんな内容を選択したら
皆さんに伝わるか。
今後の活動で活かしていただけるか。

練りに練った内容です。
ちゃんとお伝えできたらいいな~~

不安と期待に満ちて開始しました。

お水を飲む
   
ヨーグルトを食べる
スノーボールを食べる

普段、当たり前にしている
大事な命を育む行為を

ひとつずつ紐解いてみると
発見がいっぱい!!

すんごい楽しそうに
わいわいと
時には真剣に
食べたり
食べさせてもらったり
していきました。

そして、お口の機能は
身体全体の動きとつながっている実験。

すごい!!とうなるくらい
上手に動かれる方がいらしてびっくり!!

その方は、子ども達と毎日森で遊んでいるそうです。

さもありなん。

沢山の発見をお互いに持ち帰りました。

主催してくださった藤田さん
呼んでくださって
ありがとうございました。

スノーボールもおいしかったです。

次は、発育発達編と
アセスメント編
です。

今からわくわくです。

拍手[3回]



こんにちは きこ です。
最近は暖かくなったり寒くなったり
気温の変動が激しいです。
こういう時は、からだが適応しづらく悲鳴を上げる時があります。
お風呂でよっくあたたまって からだほぐしてみてくださいね。

さて 来月4月にお披露目!!
 
今まで、様々な機会をいただいて
皆さんにお伝えしていたことを
今年度、シリーズ化します。
その名は...
「すくすくプロジェクト」

子どもたちの育ちを身体的側面に注目して観察し
アセスメント技術を高める学びです。


単独のご参加でも
続けてのご参加でも
大丈夫です。


4月28日(土)13時から 広島で開催です。
世話人は、藤田亜希子さん。
ご興味のある方、ぜひぜひお越しください。


地元で開催したい、という方もご連絡ください。
行ける所にはどこでも参ります。

開催ご希望の方はこちらからご連絡をお願いいたします。

一緒に子ども達の育ちをかんがえましょう!


拍手[1回]



こんにちは きこ です。
東京はすごい雪
関西は、おだやかな日差し
日本は南北に長い国なんですね。

さて、1月30日に口腔機能を考える支援者講習会を行いました。

10年以上べびぃの姿勢と発達の関係を勉強してきましたが
なぜかお口の発達については、スルーしてました。
からだが発達したらお口も発達するでしょ。
実際に関わってきたお子さんも そんなご様子でした。

昨年たまたま勉強する機会があり
「あれ?お口とからだの発達はリンクしてるじゃん。
もっと具体的に知りたい」
と思って、自分の動作で研究し
裏付けになる文献を探したんです。

見事にリンクしてました。

これは母子支援者みなさんに知っていただきたい!
と思って
企画しました。

2時間の中で
自身のからだで動きを感じ
お互いに食べさせあい、飲ませあって赤ちゃんの気持ちを追体験し
機能を促進してくれる道具を考えあい

大変忙しい講座だったと思います。
 

そんな中
皆さんが楽しそうに
時には、眉間にしわを寄せながら真剣に
お水をのみ、ヨーグルトをたべている様子が
とてもうれしかったです。


今回は11名ものプロの皆さんが集まってくださいました。
ほんとにありがとうございました。


今回は、お口の機能のみに特化しましたが
じゃあ、からだへのアプローチをどう考える?
と、発達の話につなげられるなあと考えています。

第2弾考えようかな。

これは、なんと私が初めて
自分で企画・募集・展開をした講座です。
やってみたら 何とかなるじゃん! というのが大きな収穫でした。
これからも時々企画してみます。
こんなの知りたいわ、なんていうリクエストありましたら
ぜひぜひ教えてください。

拍手[1回]




こんにちは きこ です。


2006年にべびぃケア©を世に問うて11年。
子どもの「からだ育て」に携わってきた活動をひとつの体系にまとめました。
たくさんの赤ちゃんやお子さんとそのご家族、
札幌の武岡弘子先生や熊沢千夏先生、...
桑ノ木幼稚園の入江章仁園長・高光一枝副園長をはじめ保育士のみなさん、
助産師の仲間と学びあった蓄積を
「わかりやすく考えやすいプログラム」にしました。
そして、プログラム化にあたっては、株式会社ひとまち社長のちょんせいこさんに、
多大なるご協力をいただき、形にできました。
皆様に感謝を申し上げます。


この度、佐渡市で母子支援者の皆さんへの学習会をしました。
ホワイトボード・ミーティング®認定講師、伊藤雅子さからのラブコール。
そして、菊池博美さんの励ましに支えられてのお披露目です。


21人の母子支援者が集まって下さり、ご自身の経験を発散し、そこから湧いてくる疑問を一緒に考えました。
佐渡はホワイトボード・ミーティングが浸透しており、皆さん定例進捗会議ができるので、
課題の発散もサクサク進みました。
もちろん、べびぃ時代の発達過程は、皆さんよくご存じの基本的な知識。
そこに「子どもたちの動作や姿勢に密接に関係している」という視点が加わることで、
アセスメントがより豊かになり、アプローチの可能性が見えてきます。
実際にからだを使った体験は大盛り上がりで、
「こんな少しの工夫で、こんなに体が変わる!!」と喜んでいただきました。


幸せな子ども時代を送ってほしい。皆さんの願いがより具体的にかなうよう、
これからドシドシ活動していきたいと思います。
どこでも参ります。どうぞお声掛けください。ありがとうございました。


<いただいた感想>
・もっともっといろいろなことをやってあげて、伸ばしてあげるお手伝いができるのだなあと思いました。
・赤ちゃんの頃からの粗大運動が様々な機能に関係している。発達は順序に沿って!お母さんたちにもぜひ話したい
・心と身体ってつながっているということがよくわかったセミナーでした。眼球運動一つとっても発達と深くかかわっているんだと目からうろこでした。
・できない、変なの、個性?と思っていた子どもたちの不得意にも理由があってトレーニングでかわるかもしれない
・姿勢と発達がこんなにもつながっているとは思いませんでした。筋肉も使うとこんなにも変わるのかと思いました
・こどもの動きはその子が今必要としているものであること 追視の体験ができてよくわかりました


拍手[0回]



こんにちは きこ です。

志を同じくする講師陣、受講生さんと産みだすセミナー
いよいよ7月9日東京にて開催です。

今回は正会員限定です。
興味がおありの方、ご遠慮なく
(NPO)母子フィジカルサポート研究会にお問い合わせください。


お産を見る目が変わります。
できることが増えます。


皆様とお会いできる日を心待ちにしています。
http://ameblo.jp/boshi-physical/entry-12278704485.html…


拍手[0回]



こんにちは きこ です。

今回は、ご質問とそれへの回答を乗せてみます。

ご参考になれば、幸いです。

(Q)何かを提案してもすぐに結果が出ないときの不安の取り除き方や提案の仕方 どれがあっているかの見極め方、泣く以外に。バランス悪いのは明らかでも負荷をかけると気持ち悪い、続かないじゃあどうする?...

(A) 今の状態は、それまでの生活の結果であり、長い月日を積み重ねて起こっていること。すぐに結果が出なくて当たり前だと思います。続けているとふと変化を感じることもありますね。
大事なことは、「自分の感覚を大事にする」「不快なことはしない」です。気持ち悪い、続かないと感じられていることが大きな力。その感覚に従って中止することが大事です。これは赤ちゃんも同じです。泣く以外にどんなしぐさや表情で訴えてくれているかを感じ取る力が私たち支援者には必須です。


 (Q)沖縄には何回いらしたことがあるのでしょうか?
 
(A)かれこれ10回くらいでしょうか。(NPO)母子フィジカルサポート研究会のセミナー講師として都度お邪魔しております。人も土地もあったかいなあといつも癒されています。


 (Q)口呼吸をしていなくて鼻で呼吸していても口がぽかんと空くのはやめたほうがいいですか?
 
(A)どうしてそうしたいのか?からだの状態や今までの生活状況などをあわせてアセスメントすることが必要だと思います。
口をあけなくてもしんどくなければ、閉じるよう工夫をしていけばいいでしょうし、つらければやめる必要はないと考えます。


 (Q)骨盤を整える体操(妊娠中・前・産後)とかがあれば実践したいんですがありますか?
 
(A)さまざまあります。詳しくは(NPO)母子フィジカルサポート研究会のセミナーにてお伝えしています。ぜひお越しください。


(Q)糸巻きの唄などとてもスローでやっていたが私は育児の中でもう少し早く歌っていたが負担だったのか??

(A)
赤ちゃんに限らず私たちは自分の生活状況、発達状況にみあったリズム、早さをもっています。自分の意志で自分のからだを動かすことがまだできない赤ちゃんの筋肉が、連動して動く体験をするのには、発達段階にみあった動きや速さが必要だと思います。
自分のリズムとは違う、ということをまずは認識することが必要です。


いかがでしょうか?
もしよかったらご意見など、コメント欄にいただけると嬉しいです


拍手[1回]



こんにちは きこです。

先月1月おわりに、沖縄のおさむファミリー歯科医院にて
研修を行いました。


ここの島袋郁子先生がとても熱心に
赤ちゃん時代からのお口の健康に取り組んでおられ
べびぃケアについて、また大きくなった幼児たちの生活の工夫をしりたい
とのご要望で開催いたしました。

総勢18名の歯科医師、歯科衛生士、歯科助手、受付、保育士、助産師のみなさんと
学びあえたことに感謝です。

この時いただいた感想をのせますね。

emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji
アセスメントの仕方がMW研修とあまり変わらないくらいすばらしかったです

べびぃのしている行動、動きは大人になってからも体を整える意味で必要だなと思った。

何に対してもバランスというのは大切だと思い勉強になった

子どもの発達の課題や抱っこの仕方アセスメントの仕方などたくさん勉強になりました

どんなに重い子でもしっくり抱っこできるとお互い気持ちいい。

わざわざ準備しなくてもできる体操、あそび

CLへの対応を観させてもらい月齢が進んでいるお子さんでもまた戻ってアプローチする。
一つ一つの発達をきっちり超えていく段階が大切

追視、姿勢と発達! べびぃの動き方 ハイハイの屈伸運動大切! 

45°までの視野

粘土遊びにこんな大きな理由があると思いませんでした。こねるねじるつまむ 
大きな動作全身運動から手先の小さな動作プラス失敗してもやり直せる作る、イメージ力など

抱っこの仕方で手の位置、足の位置、顔をまっすぐとは知らなかったので勉強になりました(抱っこで気持ちの良い位置が赤ちゃんお母さんにあるんですね

赤ちゃんの成長過程(正中位が取れる→正中位を超える→移動静止)

赤ちゃんの大切な時期と手の動き、少し工夫を加えたりいつもとちょっと変えるだけで口呼吸が治ったりetc・・・

グーした時親指が外側がいいということ、べびぃケアをした子がよく泣くようになるということ

生まれてから歩くまでの間で寝返りをうったり体操したりすごくたくさんのことを赤ちゃんは体験できるんだなと感じました

抱っこの奥深さ、深部感覚という初めて聞いた感覚

抱っこはとても深くて1周してみて緊張しないだっこの方法を感じる。

発達には法則がある、

おせっかい支援はせず見守り支援をする

何気なく見過ごしていた赤ちゃんの動き一つ一つに運動の発達が関わっている。

育児行動の一つ一つに「いかがですか?」と問いかけながら保育の現場と連携することの素晴らしさ 

追視は大切と知っていたのに月齢の進んだお子さんでも大切なことに気づかされました


emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji emoji

お伝えしたいと思っていたことをしっかりと受け取って下さり
本当に感謝です。

べびぃちゃん、そして大きくなった幼児さんたちが
健やかに楽しく生活できるよう
ますます尽力したいと思います。

一緒に学びあいましょうね

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

さる11月13日、兵庫県立尼崎総合医療センターにて
「分娩時の新しいフィジカルアセスメント~姿勢と骨盤の査定に基づく安全安楽な出産~」
と題した研修を行いました。
これは
兵庫県立大学看護学部/地域ケア開発研究所周産期ケア研究センター主催で行われた
中堅看護職対象の研修会4回のうちの1回です。

参加者は22名
産科勤務5年目以上の助産師・看護師、ということでしたが
40台のベテランの方も何名かおられ とても熱心な雰囲気の中、始まりました。

今回ゴールにしたのは 教科書、文献内容をいかに現場に沿うものにできるか でした。
膨大な文献を探索し読み込んでいった結論は
「教科書はすごい!!」でした。
そこに書き込まれている事象を読み解いていく力、技術が
現場で妊産婦さんと接している私たちプロには 本当に必要な技術です。

研修中、骨盤誘導線を考えるワークでは 一瞬筆が止まっていました。
「骨盤誘導線って丸くなって天井に向かって力をいれるあれじゃないの??」
教科書的な原理を丁寧にたどっていくと、
今まで気づかなかった真理に出会うことが たくさんあります。

当会の代表吉田が伝えています。
「教科書ベースをきちんと押さえて それに沿って観察していくことで、
進行を妨げているものの端っこをつかむことができる
そこで、姿勢と骨格から観察を進めていくと
その妨げていることがよく見えてくる。
そして、対象者にとって無理のないケアで改善できれば
こんなに素晴らしいことはありません。」

まさにこれを6時間かけてたどる旅でした。

参加者のふりかえりです。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
ケアに自信がなかった。一流の人ができる手技というイメージがあった。自己研鑽の必要性を感じた

骨産道はどうしようもないと思っていたが、仕方ないと思わず、ケアに活かしていきたい

今までの分娩のとらえ方と全く違うとらえ方ができた

アセスの引き出しが増えた

自分が普段やっていることの根拠を学ぶことができた

産婦さんの取りたい姿勢を支援することが大事。

産婦が自分で産むことを感じてもらい、支援していくこと

内診所見に気を取られて、子宮の形には目が向いていない。きづけてよかった
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 同じセミナーを12月4日も行います。
この研修はクリニカルラダーレベル3認証申請に対応した研修です。
ずっとずっと伝え続けてきたことが、やっと助産師の力になると認められた瞬間です。
これからも助産師の力になるよう セミナーを通して伝え続けていきたいと思います。

これからも(NPO)母子フィジカルサポート研究会を応援してください。

拍手[5回]



こんにちは kikoです。
秋になってきましたね~~
来週からは暑くなるようです。
こういう時、からだの調子が狂いがち
骨盤周囲をしっかり動かして変動を乗り切りましょうね。

さてさて、秋になると
毎年セミナーシーズンになってきます。
今年も始まりました。

先日は、2年ぶりくらいに徳島にお邪魔しましたよ。
前からお会いしている助産師さん
今年初めてお会いした助産師さん
徳島に大阪や高知から来てくださった方
楽しく、深く学びあいました。

地方セミナーのお楽しみは
地元の食事
いろいろと調べて、おじゃまします。

今回は、ちょっと素敵な小割烹居酒屋さんに出会いました。

「おさしみ盛り合わせお願いします。
養殖は除いてくださいね」
とお願いしたら、ナント!!
「うちは養殖物は扱っておりません」

失礼しました!!すばらしい!!
 

しめは、徳島ラーメン
ここのは、ゆずの香りと和風のだしで
とってもしめやかにいただけました。

また行きたいな。

今度はどこにしようかな?

拍手[1回]



こんにちは kikoです。

いよいよ4月となりました。
皆さんもあわただしくお過ごしでしょうか。

桑ノ木幼稚園では、今年新しい先生を7人迎えました。
当園ではホワイトボード・ミーティングを取り入れて4年目
ずっとやっている先生は、もうしっかり理解して行えます。

そこで、足並みを合わせるために
4月1日の新任研修に1時間いれていただきました。

そしたら、新任研修にもつながるように行いましょう、
ということでプログラムデザインを考えました。

「研修っていうと、就業規則とか説明されたり
聴くことだけと思っていたら、
こんなにいろんな人と話せて、緊張がとけました」

とうれしい感想をいただきました。

ワークの最後は、
「働くっていうと?」で意見交換しました。
最後は先輩からのアドバイスをもらいました。
   
研修の時間がすぎていく間に
場があたたまっていくのが伝わってくる
ホントにすごいプログラムだと思います。

今年からよろしくお願いします。


拍手[1回]



こんにちは kikoです。
先日は、近隣の自治体のご要望で
「ねんねから頚すわりまでのべびぃケア」というお題で
講習会を開催いたしました。

実は、2年前にもおじゃましており
大変ご好評をいただきました。

今回は、メンバーも新しくなったことから
再度同じ内容でとご依頼いただいたものです。

前回お会いした方もきてくださり
総勢30名で楽しく
こどもの育ちについて学びあいました。

この方たちは新生児訪問や赤ちゃん訪問にいかれます。

育児に慣れない時期に出会う専門職の方たちですので
やはり、抱っこは欠かせません。

そこで、今回は
本物そっくりべびぃ人形ちゃんたちに出演していただきました。

 

作業工程40以上。最高の腕をもつ作家が精魂こめて1体1体手作りしてくれています。
監修は私です。
たくさんの赤ちゃんを抱っこさせていただいた体験と
機能解剖学の知識をふんだんに使ったべびぃちゃんです。

抱っこしたときの腕への密着感。
抱っこ練習、授乳練習にとても役に立ってくれる子達です。

この子達に活躍してもらって
抱っこ練習をいっぱいしていただきました。

「改めて抱っこを練習する機会はないので
とても勉強になりました」
と感想をいただきました。

ママもべびぃも
楽しく育児することを
応援する人たちが増えています。

うれしいことです



拍手[1回]



こんにちは kikoです。

ブログ記事がまたお久しぶりになってしまいました。

今年は、いろんなところから
講演のご要望をいただいており、各地飛び回っております。

子どもの育ちを応援する人たちにお伝えできる機会がいただけて
ほんとにうれしい限りです。

2/27,28は新潟での講習会でした。
開業保健師松さんが中心となって活動している

はっぴいmamaはうす

ほんとにステキな取り組みをされていて
4月から拠点を新潟駅近くに移します。

小児科医のとても大きな協力をえて着々と準備をすすめておられます。

そこで活動するスタッフ皆が子どもの育ちを応援する時に
もっておくといい知識、として
べびぃケアを基礎として子どもたちの身体作りの講習会を行いました。

詳しい記事はこちら→「公開講座終了しました!」

皆さん熱心で
子どもに帰って自分の身体を使いながら
子どもたちってこういう感じか~~を学びあいました。

{E1C4AC0A-9D87-4ACB-934A-6A6A7F1D1D1E:01}

{F8E5A5B5-F260-4E67-B4AD-6D054EA41336:01}

こういう講習会したいわ、って方
どうぞご連絡くださいませ。

kikomamaroom@gmail.com

一緒に高めあいましょう!

拍手[0回]



こんにちは kikoです。
先日、池田市にある
こいし歯科医院にて勉強会をさせていただきました。

こいし先生とは、3年前以上からのおつきあい。
池田市には助産師・保健師・栄養士・歯科医師・歯科衛生士の方々が運営する
はぐはぐ、という団体があります。

そこで、時々講演をさせていただいていました。

そのつながりから今回の勉強会のお声かけを頂きました。

一緒に学びあって思ったこと
同じ方向を向いていることってすごい!

 

まずは大雑把に骨格や生理的弯曲の役割について考え
べびぃちゃんが発達していく過程を体で感じていただき
それが姿勢の安定につながっていることを確認しました。

皆さん普段からこいし先生のもとで
子どもたちの成長を お口の健康から見守っているので
観察の目が鋭い!
なのでいただく質問も具体的で
明日からすぐにやれることを考えたい内容がいっぱいでした。

こうしなくちゃいけない、ではなく
こうなったら楽だな~~
おじいちゃん、おばあちゃんになるまで健康にすごせるな
という視点で考えておられるので
お伝えしたいと思っていたことを
そのまんま 持っていってくださったなあと思います。

こんな機会をいただけたことに感謝です!

今回3回シリーズで学びあいます
あと2回どんな内容にしようか
楽しんで考えます

拍手[0回]



こんにちは kikoです。

先日、ある小学校からご依頼を受けて
「命と性~こどもたちに伝えるために~」という研修を行いました。

対象は小学校の先生・保護者です。
まずは現状をお伝えすることが必要だと思い
政府の調査、その他数字をいろいろとお伝えしました。

実は10年ほど前、性教育にかかわっていました。
今回、数字をみてみると、その頃と子どもたちの悩みは変わっていない。

そして状況はシビアになっている。
また、性自認・性指向の多様性を表す数字がかなり明確にあがってきていました。

性的虐待を受けたとき、誰に相談したか?
という統計では
10%くらいが友人に相談した
60%くらいが誰にも相談していない

友人に相談した時、友人が正しい知識を持っているか
信頼できる大人に相談しよう、と支援できるか、がカギです。
(現役若者の意見です)

相談していない人が半数以上いる、ということは
信頼できる人が周りにいない、ということです。

「心が生きる」性にとって
自己選択・自己決定は必須要素です。

そして、人という動物は
人に助けを借りながら生きていく社会的存在です。

いざという時に力を発揮するとしたら
普段の生活で
自分で決めている、選択しているという意識を持つこと

そのためには科学的な知識が必要です。

もう一つは
いろんな人と軽くて楽しい話ができること
が大事、ということが私の結論です。

コミュニケーションは技術です。
人の話を聴く、というのは難しい
だから練習が必要です。
練習にもコツがあって
失敗ゼロから小さな成功体験、そして大きな飛躍にチャレンジ
という段階を踏んでいくことで
楽しく上達します。

「心が生きる」ために
一緒に練習しませんか?

楽しいですよ


拍手[0回]



毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 9/29,10/31,11/28,12/19,(2018)1/30,2/20
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)毎月2回
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代9/20,10/11,11/15,12/6,1/24,2/28(3月4月はお休み)
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで