忍者ブログ

こんにちは、。kikoです。

私たちの本の挿絵を書いてくださったのは
クレイドール作家でもある

ごとうゆき  さん。

今の私の地元、明石市出身の方です。

いっかい一緒に飲みに行ったわけですが
(また、お酒ですねという外野の声は無視無視~~)

たいへんにさっぱりとした姉御でして
同行したうちの子供はいたく感動しておりました。

そのごとうさんの作品


姥捨て山
山に老いた親を捨てるために背負っていく際に、親が道すがら小枝を折っている(あるいは糠を撒いていく)のを見た息子が何故か尋ねると、「お前が帰るときに迷わないように」と答える。

この時代、庶民は生きていくのに必死だったんだろうなあと思います。
(今でもそんな国は山のようにありますよね)

おばあは、若い世代のために、自分の運命を受け入れ
なおかつ、若い世代が自分のいのちを継いで
生きていけるようにと、花を巻く

この息子の切ないというにはあまりにもシビアな状況と
まるで天使か神のように微笑みながら花を巻くおばあ。

命のリレーの究極の姿だと思うのです。

わたしだったらどうするかなあ。
やっぱり子供の命を救うために自分を厭わないかなあ
でも、その場になったら、自分が助かりたくてあがくのだろうか。

人間のできていない煩悩108つをしっかりと抱える私はそんな風に思っています。

この作品を作りながら、ごとうさんは泣いていた、と聞いています。

でもね~~この作品を不本意として展示にクレームを付ける人が非常に多かったんですって。

う~~ん、それがわからない

いのちあるものは、必ず終を迎えます。
終わりがあるからこそ、今が美しい。楽しい。
今を精一杯生きられると思うのですね。

私の大好きなおばが、今から10年ほど前になくなりました。
彼女はいつも人のことを考えている人でした。
最後の1年は、息子家族のために介護をうける時間を作りました。

お葬式の日、私の子供が一緒に行きました。
私の母が、「ほら、さわってごらん」と孫にふれさせました。
孫(=私のこども)は、この瞬間、いのちの貴さを感じたと思います。
おばは最後の最後までそうやって人への贈り物をする人でした。

このクレイドールのおばあちゃんは、息子が帰っていく花を贈った。

私は、何を贈れるかなあ

拍手[1回]

PR


この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字








毎月一度、神戸市西区で開催。 3部制で、寝返り前のべびぃ、ハイハイ期のべびぃ、歩いてから2歳未満のお子さん、を対象にしています。 年間日程
「おなかにいるときからはじめるべびぃケア」 Amazon子育て一般本で10位にランクイン
HN: MWkiko
職業: 助産師・保健師
趣味: 旅行、グルメ、音楽
お知らせ:
2771259f.jpeg






合同出版

(詳細は下記へ)

emoji育児サポート楽育らいく) (明石市) 9/29,10/31,11/28,12/19,(2018)1/30,2/20
  
emoji安産のためのボディケアクラス(加古川市)毎月2回
    
emoji桑の木幼稚園主催(神戸市西区)
Go!Go!赤ちゃん時代9/20,10/11,11/15,12/6,1/24,2/28(3月4月はお休み)
   
emoji
mamaルーム杉上(明石市)
完全予約制(平日)
料金、諸注意のご案内
 
 

emojiemojiemoji詳しいご案内

育児サポート楽育
3クラスあります。
 ぷれ育児クラス
こあらクラス(寝返りごろ)
ぱんだクラス(はいはいごろ)
 
詳しくはブログ

↑topへ


安産のための
   ボディケアクラス
関島産婦人科(加古川市)に通院中の妊婦さん対象

お母さんの体は赤ちゃんの住み家。産まれる道筋。
体を整えて、納得のいくお産をめざしましょう!

↑topへ


桑の木幼稚園主催
Go!Go!赤ちゃん時代

すやすやクラス
(寝返りまでの赤ちゃん)

10時~11時

ハイハイクラス
(あるくまでの赤ちゃん)

11時半~12時半

よちよちクラス
(歩く2歳未満のお子さん)
13時15分~14時


お申し込み・詳細は桑ノ木幼稚園まで